介護

介護

介護や人生で疲れたときに読む本

死ぬときに後悔することはいったいどんなことなのでしょう、 終末期患者の死を見届けたホスピス緩和ケアドクターが、 患者から寄せられた「死ぬときに後悔すること」を25個に集約し、 健康なときからこれらに気を配ると幸せな人生が送れる のではないかと「生き方のヒント」を教えてくれる大ベストセラー本の 解説をしています。
介護

誰にもわかってもらえない症状それはもしかしたら自律神経の乱れかも

朝起きられない、動きたくない、寝られない、吐き気、胃の調子が悪い、 肩こり、耳鳴り、目のかすみ、イライラ、過呼吸など。 病院で診察してもらっても特に異常はないとき、 それは自律神経が関係しているのかも。 自律神経失調症といわれているものがあります。 原因と治療方法、ストレスの考え方も解説しています。
介護

介護状態になる前にやっておくこと「終活」を始めるタイミング

「家族って、夫婦って、親子って、こんなに長く一緒に住んで生活しているのに、そういえば、知らないことだらけでした。」これは、大切な妻や夫、親が入院いたり、終末期を迎えたとき、はじめて思い当たることです。さらには、自分のことも考えて来なかったことにも気が付きます。これでは本当に行き当たりばったりになり、お金や予算のことが一番先に困ります。
介護

すきま時間に介護食や食育の資格を取れる通信講座

収入につながって、自宅でもできて、すきま時間にできる資格習得の通信講座はないかしら?これからさらに、AI(人工知能)時代に突入していき、人に代わってAIが仕事をしていく時代になると予想されています。無くなる仕事も増えると懸念されています。残る仕事はどのようなものでしょうか?AIは計算や理論には強いが、人間が持つ「感情」「感動」「カウンセリング」「コミニケション」「心の声を聴く力」には全く弱い、機能していないとも言われています。
介護

親の介護の生前整理は、 SOSが出てからでも遅くはないです

本当は生前整理はご自身で行って欲しいですね。思い出の品やお気に入りの物も、親であろうともわかりませんから。ですので、病気で入院したり、認知症かなと思ったときがSOSのサインです。「退院前にかたずけて、気持ちよく生活して欲しいから。」や、「生活が安心してできるようにしましょう。」などの声かけをして、かたずけを始めましょう。
介護

薬の管理を訪問サービスで受けることができます

本人も介護している家族にも、 住み慣れた場所で、安心して生きていくために、 介護サービスで、できるあらゆることを考えていきます。 親の介護でも、 病気と薬の管理は切り離すことができません。 今回は、薬の管理を訪問サービスで受けることができる、 ということを解説していきます。
介護

延命治療と尊厳死を考える

大切だけど、重たい、お題です。 「そんなこと、なるようになるさ」と考えても、 結局、自分も愛する家族も通る道です。 忙しい時を駆け抜ける現代ですが、 ちょっと立ち止まって、 取り留めもなく考えてみました。 少し先を、垣間見てみましょう。
介護

介護保険が早わかり、介護は「配られたカード」で勝負するべし

人は生まれて、成長して、年老いて、死んでいきます。 逃れられない宿命です。 誰にでも訪れることです。 子孫を与えられたり、与えられなかったり、 健康だったり、病気がちだったり、障害があったり、 一人暮らしになったり、大家族になったり、 それぞれに、人の数だけ、さまざまな形があります。
介護

親の介護食や病気制限食におすすめ宅配弁当6選

「食べること」は、 生きていくうえで、大切なこと。 しかし、手間のかかることでもあります。 献立を考えて、買い物をし、調理して、後かたずけ。 毎日の繰り返しとレパートリーを増やすこと。 ましてや、仕事を持っていたり、商売をしていたり、 子育て、共働き、体調のすぐれないときはなおさらです。
タイトルとURLをコピーしました