サッカーPKとPK戦とは?トーナメント戦とリーグ戦とは?ルールを調査

サッカー

サッカー試合を一生懸命走り続けた挙げ句に同点で終わると、ハラハラドキドキの1対1のPK戦で決着をつけます。しかも、サドンデスという怖い名前のルールがあるそうです。

PKとPK戦とは?トーナメント戦とリーグ戦とは?サドンデスとは?違いやルールを調べてみました。

PKとPK戦とは?

出典:DA1-KID(ダイキッド):2020/03/28投稿済み

PKとは、「ペナルティーキック」、試合中、ペナルティエリア内で、ファウルを受けた側のチームが、キッカーとゴールキーパーと1対1のキックの戦いをします。

PK戦とは、決着がつかず延長戦をしても同点で、試合が終了したとき行われる、キッカーとゴールキーパーの1対1の戦いをPK戦「ペナルティーキック」と呼びます。

PK戦は、勝敗を決めなければならない試合「トーナメント方式」のときに行われます。リーグ戦では引き分けも認められているのでPK戦は行いません。

プロサッカーの試合時間はどのくらい?

基本的に、プロサッカーの試合時間は、前半45分、後半45分、合計90分で試合が行われます。

前半後半の間には、ハーフタイムというものが15分設定されており、この間に選手の休憩や、チームの作戦会議が行われます。

ファウルなどの反則が起きてもサッカーの試合では時計が止まりません。そのため、試合時間が大幅に伸びたりということは基本的にはないとされます。

したがって、前半後半(90分)+ハーフタイム(15分)の約110分、だいたい2時間位がサッカーの試合時間と考えておけば間違いないとされています。

延長戦では前半後半各15分の試合が行われ、それでも決着がつかない場合はPK戦(ペナルティキック)で勝敗がつけられます。

しかし、全ての試合で延長戦やPK戦が行われるわけではないそうです。

トーナメント戦とリーグ戦とは?

Jリーグやワールドカップのグループリーグでは延長戦が行われないため、同点の場合は引きわけになります。

これを「リーグ選」といい、参加者や参加チームがそれぞれに試合を繰り返し、出場者や出場チームの総当たりで戦ったり、あるいは決められた数の試合数を戦い、最終的勝利数を競う方法とされます。

「トーナメント戦」とは、いわゆる勝ち抜き戦のこと。

負けたチームや選手はその場で脱落し、勝者同士が対戦を繰り返し、勝者を決定するという戦い方。

PK戦のまとめ

出典:Jリーグ公式チャンネル:2016/04/27投稿済み

勝ち抜き戦の「トーナメント戦」のときにだけ、試合、延長戦をしても決着がつかない時に、PK戦をやります。

調べていくと、PK戦には、とってもたくさんのルールがありました。いつも試合で観るだけでは、こんな細かく決められているとは知りませんでした、お疲れさまです(゚д゚)!

  • グラウンド中央で整列して、肩を組んで、1人ずつゴール前に行きPKをする
  • キッカーとゴールキーパーの1対1の状態で行う
  • ゴールから12ヤード(約10.97メートル)離れた地点にボールを置いて行われる
  • 〇(ゴール)と、×(ミス)のスコア表記をする
  • 攻守5回ずつPKが行われる
  • 認められるキックは1回のみ
  • 両チーム交互に蹴る
  • ゴールポストなどに当たるなどゴールに入らなければ失敗
  • 5本のキック終了前に勝敗が決まった場合は、その時点で終了
  • 5本終了時点で同点の場合は勝敗が決まるまで交互に蹴る(サドンデス)
  • 一通り巡るまで同じ選手が蹴ることはできない
  • 一通り巡った後は同じ選手が蹴ることが可能で、順番を変えても良い
  • キックの順番は主審に知らせなくても良い
  • PK戦出場可能選手は、試合終了時点で出場していた選手のみ(控えや退場選手は不可)
  • 両チーム人数は揃える必要があり、退場などで人数が減った場合、多い方はそれに合わせる(減らす選手は主審に通知義務あり)
  • もしPK戦の時にゴールキーパーが負傷した場合は交代可能(上記で減らした選手から交代してもOK)
  • フィールド上にいることができる人は、キッカー、両チームのゴールキーパー、審判のみで、それ以外はセンターサークルの中にいる

サドンデスとは?

できる限り短時間で勝負を決するために用いられるのが「サドンデス」という方式です。

延長で決められた時間に関わらず、どちらか一方がゴールを決めて得点を取った時点で終了するというルールです。英語で書くと「sudden death」つまり「突然死」。怖い名前ですね(゚д゚)!

PKのまとめ

PKとは、ペナルティキック(Penalty Kick)のことで、キッカーとゴールキーパーの1対1で行われるプレーのことです。

サッカーの試合中に審判にファウルとみなされると、相手チームにフリーキックが与えられます。そのファウルがペナルティーエリア内で起きた時が基本的にPKとなります。

「ペナルティーエリア内でのファウルが犯された時、キッカーとゴールキーパーの1対1の状態でゴールから12ヤード(約10.97メートル)離れた地点にボールを置いて行われる」と決められています。

しかし、「ファウル全てがPKになるとは限らない」ということがあるそうです。

ペナルティーエリア内でのファウルであってもPKではなく、間接フリーキック(直接ゴールを狙うことができないキック)が与えられる場合もあるということです。

審判側は、ゴールの結果と「不利益がどちらに生じているか」を考慮して判断をしている、ということです。

PKとPK戦の反則行為は?

まだまだ細かいルールがありました。基本は不利になるようなこと、がポイントだと思われます。

蹴る人を明確にする

PKを蹴る選手は事前に明確にしている必要があります。誰が蹴るのか分からない状況では、GKが圧倒的に不利です。PKの前にキッカーが手を上げることになっています。

フェイント

助走段階で、タイミングをずらすのはOKですが、助走後の「蹴る時にフェイントをかけるのは反則」とされます。

2度蹴り禁止

試合中のPKでもPK戦でも、ポストなど跳ね返ったりしたボールは、同じキッカーが蹴ることはできないとされています。

ゴールキーパーが触れていたり、間に誰かがキックしていれば、蹴ることができるそうです。

ゴールキーパーが前に出る

ボールが蹴られる前に、GKはゴールライン上から前後に動くことはできないとされます。この時、片方の足がゴールラインに掛かっていれば問題なしとされます。

PKをセーブしても、GKがゴールライン上にいないと判定された場合には、Pkのやり直しになってしまいます。

違反者にはイエローカード?レッドカード?違いは?

「イエローカード」とよく耳にしますが、もらうとどのようなことになるのでしょうか?調べてみました。

  • 一般的な試合では、累積でイエローカードを2枚突きつけられた選手は、直近の同大会の試合については出場停止となる。
  • Jリーグではリーグ戦(J1、J2、J3のすべて)においては累積4枚で次回の試合出場停止となる。

「レッドカード」が出された選手はもちろんその場で退場となります。

その後、基本的には1試合出場停止処分ですが、追加で出場停止処分を受ける事があるそうです。

試合終了後にレッドカードとなったプレーを分析し、追加の出場停止試合数を決定するそうです。

一生懸命にプレーをしてもこのカードはもらいたくないですね(゚д゚)!

サッカー選手の年収

出典:DAZN Japan:2020/04/08投稿済み

サッカー選手の競技人口は、世界では約2億5,000万人、日本では、現在では約450万人といわれています。スポーツとしてはメジャーで人気のあることと思われますが、サッカー選手の平均年収や有名選手の年俸などを調べてみました。

世界の有名選手の年収(年俸)

  • 1位 リオネル・メッシ(バルセロナ)・ 1億2,600万ドル(約133億円)
  • 2位 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)・ 1億1,700万ドル(約124億円)
  • 3位 ネイマール(パリ・サンジェルマン)・ 9,600万ドル(約101億円)
  • 4位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)・4,200万ドル(約44億円
  • 5位 モハメド・サラー(リヴァプール)・ 3,700万ドル(約39億円)
  • 6位 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)・ 3,400万ドル(約36億円)
  • 7位 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)・ 3,300万ドル(約35億円)
  • 8位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリー)・ 2,900万ドル(約31億円)
  • 9位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)・ 2,800万ドル(約30億円)
  • 10位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)・ 2,700万ドル(約29億円)

1位のメッシは、日本円にすると約133億円、10位のダビド・デ・ヘアは約29億円、日本のサッカー選手、並びにスポーツ選手とは桁が違い、驚きです(゚д゚)!

日本のJリーガーの年収(年俸)

  • 1位 アンドレス イニエスタ・ 37歳 MF (ヴィッセル神戸)・ 32億5000万円
  • 2位 トーマス フェルマーレン・ 35歳 DF (ヴィッセル神戸)・ 5億円
  • 3位 ドウグラス・ 33歳 FW (ヴィッセル神戸)・ 2億円

サッカー選手(Jリーガー)の平均給料・給与は、175万円とされていました。普通のスポーツ選手と比べると高いと思われます。サッカー選手(Jリーガー)の平均年収は、2110万円~2805万円。

  • 20代の給料:175万円
  • 30代の給料:175万円
  • 40代の給料:67万円
  • 初任給:38~万円

スポーツ選手の初任給としては、38万円は良い方ではないかと思いましたが・・・

今回のまとめ

サッカーは人気のあるスポーツでサポーターも多いですし、世界では年収も桁違いのスポーツでした。

2020年東京五輪では、日本チームもPK戦を戦い、ハラハラ・ドキドキの試合を見せ、サッカーのルールやPK戦を調べるきっかけになりました。

サッカーの試合を見る時にルールも知っておくと、さらに楽しく観ることが出来ると思います。参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました