NHK朝ドラ次回作品はいつからでヒロインやあらすじは?

沖縄

ずばり次回作品は「ちむどんどん」という沖縄を舞台にしたドラマです。現在第105作「カムカムエヴリバディ」が放送中で最終回はいつでしょうか?

そして「ちむどんどん」の放送は何月何日いつから始まるのか?、ヒロインは誰がなるのか?やあらすじも調査してみました。

NHK朝ドラ、今、放送中の最終回はいつ?

現在2022年放送中の朝ドラは「カムカムエヴリバディ」。

2021年秋から始まり~「最終回は2022年4月8日」。最終週の振り返り、という回があり、同月9日に放送予定ということです。105作目でした。

NHK朝ドラ、次回作品は何?

ちむどんどん
出典:Twitter公式アカウンターより

NHK朝ドラ次回作品は「ちむどんどん」、沖縄・横浜・東京が舞台になります。

「ちむどんどん」とは、沖縄の方言で「胸が高鳴る様子」のこと。前向きで肯定感に満ちた、わくわく、ドキドキするという意味。

2022年は「OKINAWA~沖縄へ」と、沖縄が本土復帰(米軍統治下に置かれた沖縄が日本に復帰)して50年、という節目の年になるのを記念して作られたドラマといえます。

沖縄返還(おきなわへんかん)は、1972年(昭和47年)5月15日に、沖縄(琉球諸島及び大東諸島)の施政権がアメリカ合衆国から日本国に返還されたこと(沖縄本土復帰)を指す。

Wikipedia

NHK朝ドラ、次回作品はいつから?

連続テレビ小説第106作となる「ちむどんどん」は、2022年4月11日(月)に放送開始です。

NHK朝ドラ、次回作品のヒロインは?

ドラマでヒロインとなるのは「比嘉暢子」(ひが・のぶこ)。

その役を務める女優さんは「黒島結菜」(くろしま・ゆいな)さんです。今、注目を集めている女優さんの一人といわれています。

黒島結菜さんのプロフィールも調べてみました。

  • 名前:黒島結菜(くろしま・ゆいな)
  • 生年月日:1997年3月15日
  • 年齢:25歳(2022年3月現在)
  • 出身地:沖縄県糸満市
  • 身長・体重:162cm・不明
  • 血液型:AB型
  • 星座:魚座
  • 職業:女優
沖縄県糸満市
出典:Google Map:赤印が糸満市

女優、黒島結菜さんの出身地の「糸満市」は、沖縄本島の最南端に位置しています。また、沖縄戦の終戦地であり、本島最南端には平和記念資料館が設置されています。

黒島結菜さんのニックネームはマッシュといい、経歴は、2011年、ウィルコム沖縄イメージガールコンテストでの「沖縄美少女図鑑賞」受賞をきっかけに芸能界入りされました。

2015年には「カルピスウォーター」のCMキャラクターに起用されています。

出演作には、ドラマ「マッサン」「アシガール」、映画「あしたになれば。」「カツベン!」などがあります。

NHK朝ドラ、次回作品のあらすじは?

あらすじを知っておくことは、ドラマを楽しむ第1歩(ヒント)になると思いますので、調べてみました。

「ちむどんどん」は、自然豊かで、個性豊かな沖縄で生まれ育った、4兄妹(男1人、女3人)の歩みを描く50年の物語。

舞台は、第2次世界大戦の直後のアメリカの統治下にあった1960年代から始まります。

時代は敗戦国の何もなかった日本から、高度経済成長期になり、インフラ整備からカラーテレビ放送、東京オリンピック、ビートルズ来日、家庭ではテレビ、洗濯機、冷蔵庫の家電製品は三種の神器がそろい、一気に西洋の文化もなだれこみます。

黒島結菜さんが演じるヒロイン「比嘉暢子」(ひが・のぶこ)は4兄妹の次女。

この次女の「比嘉暢子」は、沖縄の本土復帰(1972年)とともに多くの沖縄出身者が集う横浜・鶴見で暮らし、東京の一流レストランで修行を始めます。

多くの人と出会い、運命の恋にも出会う・・・(そうです(゚д゚)!相手役は誰なのでしょうか?)

遠く離れても家族の絆に励まされながら、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見いだし、やがて東京で、沖縄料理の店を開く夢に奮闘することとなる、というあらすじです。

NHK朝ドラ、次回作品の原作は?

原作は無くて、オリジナル作品とされています。

このオリジナル脚本を手がけられたのは、同じくNHK朝ドラ第91作の「マッサン」(2014~2015)の作者としても知られる「羽原大介」(はばら だいすけ)さん。

プロフィールは、 1964年11月27日生まれ、年齢57歳。鳥取県出身、日本大学明誠高等学校、日本大学芸術学部文芸学科卒業。日本の劇作家、脚本家、演出家。

そして、「語り手」は「ジョン・カビラ」さん、ということです。

プロフィールは、本名は、川平 慈温(かびら じおん)1958年11月1日生まれで、年齢は63歳。

沖縄県那覇市出身 のフリーキャスター、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ、ナレーター。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

(弟に、川平 慈英(かびら じえい、Jay Kabira、1962年9月23日 - )さんがおり、楽天カードマンのCMに出演。)

出典:Short Shorts Film Festival & Asia channel:2012/05/08投稿済み

それでは、最後にキャストをみてみました。

NHK朝ドラ、次回作品のキャストは?

沖縄編では、ヒロインの家族「比嘉家」を中心に友人知人が登場します。

まずは基本から。

ヒロインの家族「比嘉家」

ヒロイン「比嘉暢子」(ひが・のぶこ)。比嘉家の次女。・・・

役「黒島結菜」(くろしま・ゆいな:1997年3月15日生まれ、25歳、出身地は沖縄県糸満市で身長162cm)

暢子の兄(ニーニー)「比嘉賢秀」(ひが けんしゅう)。比嘉家の長男。・・・

役「竜星 涼」(りゅうせい りょう:1993年3月24日生まれ、29歳、出身地は東京で、身長183cmとイケメンでパリコレモデルにも出演)

暢子の姉(ネーネー)「比嘉良子」(ひが りょうこ)。比嘉家の長女。・・・

役「川口春奈」(かわぐち はるな:1995年2月10日生まれ、27歳、出生地は長崎県五島市で、身長は166 cm)

暢子の妹「比嘉歌子」(ひが うたこ)。比嘉家の三女。・・・

役「上白石萌歌」(かみしらいし もか:2000年2月28日生まれ、22歳、出身地は鹿児島県・鹿児島市で、身長は163cm、姉に女優の上白石萌音(かみしらいし もね))

暢子の母「比嘉優子」(ひが ゆうこ)。比嘉家の母。・・・

役「仲間由紀恵」(なかま ゆきえ:1979年10月30日生まれ、42歳、出身地は沖縄県浦添市、身長は160cm)

暢子の父「比嘉賢三」(ひが けんぞう)。比嘉家の父。・・・

役「大森 南朋」(おおもり なお:1972年2月19日生まれ、50歳、出身地は東京、身長は178cm)

暢子たちの親戚「比嘉賢吉」(ひが けんきち)・・・

役「石丸謙二郎」(いしまる けんじろう、1953年11月1日生まれ、68歳、出身地は大分県大分市、身長は173cm、俳優、声優やナレーターなどもこなし幅広く活動)

比嘉家の友人「青柳家」

比嘉家の友人となる東京から来た「青柳家」の息子「青柳和彦」(あおやなぎ としひこ)・・・

役の「宮沢氷魚」(みやざわ ひお:Hio Miyazawa、1994年4月24日生まれ、27歳、出身地は アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ、身長は184cm。父はシンガーソングライターの宮沢和史、母親はタレントの光岡ディオン。英語力ありYouTubeでは英語講座も開設。)

青柳家の父「青柳史彦」(あおやなぎ ふみひこ)・・・

役「戸次 重幸」(とつぎ しげゆき、本名および旧芸名:佐藤 重幸(さとう しげゆき)、1973年11月7日生まれ、48歳、出身地は北海道、身長は173cm)

比嘉家の友人や先生、おばぁ、マスター

暢子の姉・良子の学生時代からの友人「石川博夫」(いしかわ ひろお)・・・

役「山田 裕貴」(やまだ ゆうき:1990年9月18日 (年齢 31歳)出生地は愛知県、身長は178 cm)

暢子に思いを寄せる、暢子たちの暮らす村の豆腐店の息子「砂川智」(さとる)・・・

役「前田公輝(まえだ ごうき:1991年4月3日生まれ、30歳、出身地は神奈川県、身長は180cm)

暢子の姉・良子に熱く片思いをしている、暢子たちの村の製糖工場の裕福な家の息子「喜納金吾」(きな きんご)・・・

役「渡辺大知」(わたなべ だいち:1990年8月8日生まれ、31歳、出身地は兵庫県神戸市、身長は179cm、職業はミュージシャンと俳優。)

比嘉家の両親の良き友人、暢子たちが暮らす村のただ一軒の商店を取り仕切り、地域の役員も兼ねている「前田善一」(まえだ ぜんいち)・・・

役「山路 和弘」(やまじ かずひろ、1954年〈昭和29年〉6月4日生まれ、67歳、出身地は三重県、身長は172cm。『進撃の巨人』のケニー・アッカーマン役などの人気作品もこなす人気声優。)

暢子たちの高校の音楽教師「下地響子」(しもじ きょうこ)・・・

役「片桐はいり」(かたぎり はいり:1963年1月18日生まれ、59歳、本名、片桐 由美(かたぎり ゆみ)。東京都大田区出身。身長は172cm)

暢子たちの村のおばぁ、2人。

「新垣(あらかき)のおばぁ」・・・役「きゃん ひとみ」(本名:遠藤(旧姓:喜屋武)仁美、1960年3月23日生まれ、61歳、出身地は沖縄県、ラジオパーソナリティー・フリーアナウンサーで活躍。)

「安室(あむろ)のおばぁ」・・・役「あめく みちこ」(1963年11月14日生まれ、58歳、本名は佐藤 美智子、旧姓天久 美智子。夫は佐藤B作。沖縄県宜野湾市出身。身長は161cm。)

暢子たちの町のハンバーガーショップのマスター「マスター」・・・

役「川田 広樹」(かわた ひろき、1973年(昭和48年)2月1日生まれ、49歳、出身地は沖縄県那覇市、身長は177cm、お笑いタレント、ガレッジセールのツッコミ担当、相方ゴリも沖縄出身。)

まとめの相関図

「ちむどんどん」の基本となる、始まりの沖縄編のキャストのまとめの相関図は、一目瞭然で便利ですね。(Twitterの画像が小さい(;^ω^)・・・)

沖縄編のキャストのほとんどが沖縄出身の方でした。

しかも皆さん芸能にも深く、長く、年齢や年代的にも、沖縄本土復帰50周年記念にぴったりの配役だと思いました。

続・NHK朝ドラ[ちむどんどん]東京,鶴見編のキャスト調べも、よろしかったらご覧くださいませm(_ _)m

今回のまとめ

連続テレビ小説第106作となる「ちむどんどん」は、2022年4月11日(月)に放送開始されます。

「ちむどんどん」は沖縄の本土復帰50周年記念のドラマで、沖縄・横浜・東京が舞台になっています。

時代背景は、第2次世界大戦の直後のアメリカの統治下にあった1960年代から始まり、ヒロイン「比嘉暢子」が、沖縄の本土復帰(1972年)と、日本の高度成長期をともにしていきます。

そして、遠く離れても家族の絆に励まされながら、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見いだし、やがて東京で、沖縄料理の店を開く夢に奮闘することとなる、というあらすじです。

キャストや配役の年齢層が時代背景とピッタリだと思いました。

沖縄出身の俳優さんも多く、本格的な沖縄の方言を聞くことができると思います。今から「ちむどんどん」ワクワクしています。

次はヒロイン暢子がレストランの修行に出ていく「横浜・東京編のキャスト」も調べてみたいと思います。

NHK朝ドラ[ちむどんどん]東京,鶴見編のキャスト調べ

最後までご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました