正義の天秤(主演/亀梨和也)ドラマのあらすじやキャスト、原作を調査

せいぎのてんびん

NHKの土曜ドラマ「正義の天秤」が9月25日午後9時より放送され、亀梨和也さんが元外科医の弁護士役で初主演で登場し全5回ものです。

あらすじや主演キャラ、亀梨さんのプロフやキャスト、原作を調べてみました。

「正義の天秤」ドラマのあらすじ

「元外科医」の肩書を持つ弁護士、「鷹野和也」(たかのかずや)が冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながら、戦力外チームを率いて数々の難事件の真相を暴く、事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリー。

鋭い洞察力と調査への集中力思考力で、次々に難事件を解決する鷹野和也(たかのかずや)は、戦力外とよばれるチームと次第に結束を強めていきます。

そして、鷹野は自身の過去にまつわる、ある重大な事件の弁護へと臨むことに・・・全5回もの。

冤罪(えんざい)とは、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉、つまり「濡れ衣」である。

Wikipedia

亀梨さん演じる主演キャラは?

亀梨さん演じる主人公は「元外科医」の肩書を持つ「弁護士」、名前は「鷹野和也」(たかのかずや)。

徹底した合理主義者で、天才的な思考力と推理力を持っていて、鋭い洞察力と調査への集中力、思考力を持っている。

鷹野は、弁護士として名門・師団坂法律事務所(しだんざか)にまねかれる(招へいされる)。

それは、事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝(死亡)したため、その娘に事務所立て直しのために呼ばわれ、救世主的な存在。

亀梨和也さんプロフィール

「亀梨 和也」さんは、歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーであり「3年B組金八先生」でデビューされています。

  • 名前:亀梨和也(かめなし かずや)
  • 生年月日: 1986年2月23日 (年齢 35歳)
  • 出生地: 東京都 江戸川区
  • 身長: 171 cm
  • 所属事務所:ジャニーズ
  • 活動期間: 1998年~(12歳~)
  • 映画: ごくせん THE MOVIE、 PとJK、 事故物件 恐い間取り
  • 兄弟姉妹:4人兄弟( Yūichirō Kamenashi、 コジ・カメナシ、 ユヤ・カメナシ)

亀梨さんは、かなりの野球好きで、野球漫画「タッチ」にちなんで「和也」と名付けられたり、小学6年生の時に軟式の世界大会に主に投手として出場した経験をもっているそうです。

江戸川区のシニアリーグには小学1年生~中学1年生まで所属したそうですが、大人になってからも地元の江戸川区からプロ野球選手が生まれることを願い、リーグの全チームに毎年ボールを寄付しているということです(゚д゚)!

登場キャストは?

登場するキャストや俳優さんはまだわかっていません。

ドラマに登場する、戦力外チームと呼ばれる「ルーム1」のキャラを紹介します。

師団坂法律事務所の刑事部門を担当する「ルーム1」に残った4人のキャラ。

  • 佐伯芽衣「創業者の娘で、鷹野を招へいした張本人。一生懸命さが空回りしてしまう新米弁護士」
  • 杉村徹平「元ニート、コンプレックスの塊だが、運と要領の良さだけがとりえの弁護士」
  • 桐生雪彦「元判事のエリートでプライドが高い女性弁護士」
  • 梅津清十郎「元刑事、妻に先立たれ娘にも逃げられた、60歳過ぎの人情派弁護士」

という、くせ者ぞろいの戦力外チームとドラマ内では設定されています。

現在わかっている俳優さんは、亀梨和也さんのみです。

原作は?

原作があります。

「正義の天秤」は、最初、2015年8月5日に「JUSTICE」(ジャスティス)のタイトルでKADOKAWA(角川文庫)より刊行されました。

文庫版がリリースされた際に「正義の天秤」に改題されているそうです。

著者は?

著者は「大門剛明(だいもんたけあき)」さん。

以下のTwitterに、三省堂書店名古屋本店にサイン会で来店されている様子の、著者ご本人が撮影されています。画像右上の方ですね、おそらく。

1974年9月25日生まれ、47歳、三重県伊勢市出身。龍谷大学文学部哲学科卒業。2009年に「雪冤」でデビュー。

続編に、「正義の天秤・アイギスの盾」があります。

原作の内容は?(ネタバレ含む)

少し、ネタバレを含むと思われますので、知りたくない方は読み飛ばしてください。

名門・師団坂(しだんざか)法律事務所創設者の佐伯真樹夫が亡くなり、事務所の経営は落ち込むばかり。創設者の娘で弁護士の芽依は、助っ人として、元医師で弁護士の鷹野和也を海外から丁重にお招きします。

そして、元医師の敏腕弁護士、鷹野和也がやってきます。

娘や事務所がほっとした矢先、鷹野は事務所を「診断」し、無能な弁護士を「切除」すると宣言!

人権派はいらない、能力の劣る弁護士はリストラして精鋭のルーム1を作りあげようとしていきます。

「感じるな、考えろ!法律の力でクライアントを治療する。」という敏腕弁護士「鷹野和也」と、残った4人の「ルーム1」がそれぞれの事件を担当する6編の連作短編になっています。

容疑者への接見、事件関係者からの聞き取りなど現実的に展開。(物語的よりも現実的なリアル感があるということだと思われます)

15年前、鷹野の恋人の雨宮久美子弁護士が殺された事件と、26年前の静岡での冤罪事件との関係が謎を呼ぶ・・・

(冤罪(えんざい)とは、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉「濡れ衣」のこと。)

死刑求刑不可避な裁判では、死刑を回避すると言い出し、交差点に突っこんで死傷者を出した男の弁護に挑みます。

司法取引、悪魔の代弁者なと法律用語とともに「正義」とは何か命題にもぶつかる、新時代を切り拓く、絶対的に面白いリーガル・ミステリと言われています。

「正義の天秤」(1)を呼んでから、(2)「正義の天秤・アイギスの盾」を読むと、全体が通してわかるようになるということです。

鷹野の胸に秘めている気持ちと、周りの動きが徐々に見えてきてとても面白いとのこと。第2巻は、さらに、この後どう動くのか・・・。

連続短編なので読みやすく、手に取りやすく見やすく、それぞれの葛藤が見える面白さがあると言われています。

今回のまとめ

NHK土曜ドラマ「正義の天秤」という弁護士ドラマに、亀梨和也さんが初主演。午後9時から全5回もの。2021年9月25日より放送。

あらすじは一言で言い表すとと「事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリードラマ」。

主演のキャラは「感じるな、考えろ!法律の力でクライアントを治療する」という元外科医の弁護士。

原作と今回のドラマの内容は、ほぼ一致で再現されると思われますが、原作は6篇でドラマは5回ものになっています。

余録として、初主演の亀梨和也さんのコメントは「元医者で弁護士という「レア」(希少)なキャラクターを、原作からいただく人物像と、監督はじめ、スタッフ、キャストの皆さんと作り上げていくという思い」

「特徴的なドラマならではのキャラクター像を楽しみ、ワクワクしながら、主人公の鷹野が抱える核を大切に作りあげていければと思っているとのこと。」でした。

「これから出会うルーム1の仲間達と共に追い求める鷹野和也の弁護、治療を是非ご覧ください」とアピールしていました。さすが、原作も読んで勉強されていますね(゚д゚)!

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました