野菜の効果と料理

セロリは強力な抗酸化力で解毒作用あり

セロリは、とくに高血圧の方には、おすすめの野菜です。茎から葉っぱまで全部食べられます。そして、精神安定剤とも言われています。独特の香り成分が、イライラや頭痛、ストレスを緩和します。ストレスを感じた日には、モリモリ食べてください。加熱しても、生でも栄養素は変わりません。カリウムもたっぷりで、抗酸化作用があり、βーカロテンやビタミンC、B群、カルシウム、食物繊維も豊富です。
野菜の効果と料理

ヘルシーで食物繊維も豊富なキノコ類と料理

忘れてならない、健康食に「きのこ」があります。低カロリーの上に食物繊維も豊富。しいたけやマイタケには、少し特別なファイトケミカルがあります。βーグルカンというファイトケミカルが、強力に免疫細胞を活性化し、抗がん作用をサポートします。えのきだけには、疲労回復に効果があり、脂肪代謝をアップし、消化吸収、カルシウム吸収を助けるビタミンDが豊富です。マッシュルームには、タンパク質も豊富です。エリンギは、食物繊維もたっぷりで、カリウムも豊富。
野菜の効果と料理

ニンニクは世界トップレベルの健康食とその料理

にんにくの歴史は古いです。 滋養強壮のある健康食品のエースです。 今では、科学的に健康効果、病気予防効果 が明らかにされています。 加熱すると食欲が出るいい香りがしますが、 食べた後のにおいが気になります。 最近は、においを抜いたタイプや、 栄養成分や効果は変わりません。
野菜の効果と料理

ニンジンは世界トップレベルのがん予防野菜とその料理

ニンジンには、強力な発がん抑制作用があります。 肺がん、肝臓がん、皮膚がん細胞の、 成長を抑制する作用があります。 そして、アンチエイジングな老化予防、 動脈硬化にも有効です。 食物繊維が豊富で、コレステロールの吸収を抑える効果もあります。 便秘の解消、糖尿病の予防、 ダイエット、メタボ、動脈硬化の予防と改善に効果。
野菜の効果と料理

キャベツは世界トップレベルの野菜で胃腸薬からガン予防まで

「キャベジン」は耳慣れた言葉です。 どこかで聞いたことが1度はあるはず。 胃腸薬の名前です。 正式な名称は、ビタミンU。 キャベツから発見されたので「キャベジン」になりました。 キャベツは 淡色野菜の中でもトップクラスのビタミン豊富な野菜です。 ビタミンC、U、カリウム、ファイトケミカル。
野菜たっぷり料理

人生で上げるべきものの一つに免疫力があります。

野菜や果物は食べてこそ、 健康を維持できます。 その成果は私たちを裏切りません。 免疫力を上げて、病気予防、改善に 大いなる貢献をしてくれます。
生活とかたずけ

野菜たっぷり料理は食物繊維もたっぷり!

忙しいとついつい、コンビニ弁当やインスタント食品に手が出てしまいます。野菜は、野菜ジュースやスムージーから補給しておけば、とりあえずいいかな、一応ビタミンと食物繊維が入っているし・・・この組み合わせの選択はまだ良いほうです。 ...
野菜の効果と料理

家庭料理は野菜が豊富で健康的です

コンビニ弁当もたまには美味しく頂きますが、何より、家庭料理こそありがたい健康食です。たとえ3食のうち1回はカップラーメンを食べて、コンビニ弁当を買っていたとしても、毎食では飽きてきます。
タイトルとURLをコピーしました