野菜の効果と料理

ニラは骨粗しょう症予防やアンチエイジング作用あり

ニラは抗酸化作用のある、老化予防、骨粗しょう症予防にも効果があります。血行を良くして、疲労回復や血液中の脂肪を燃焼させ、コレステロール値を下げる作用があります。心臓疾患、血液サラサラ、発がん予防に効果があります。抗酸化作用のある緑色の葉緑素、いわゆるクロロフィルやβーカロテンが豊富な野菜です。生食もできる野菜です。
野菜の効果と料理

トマトの赤色に強力な抗酸化作用あり

トマトの赤色はリコペンの色。強力な抗酸化作用でアンチエイジング、老化予防、発がん予防の効果ありです。トマトは色、形、大きさもいろいろですが、このリコペンを摂れるのは、赤色だけということです。老化の原因は活性酸素にあります。この活性酸素は、増えすぎると有毒物質に変わります。そして、これを無毒化してくれるのが、トマトのリコペンです。
野菜の効果と料理

オクラ旬の野菜を食べると免疫力が上がります

季節ごとに、旬の野菜を食べることは、免疫力を上げる、賢い方法です。夏野菜で、マグネシウムの豊富なオクラは、糖尿病、心臓病、胃炎、胃潰瘍、カルシウム不足の予防と改善に効果があります。このことを覚えておきましょう。スーパーで買い物をしているときも、自然と目がオクラにいきますから。オクラは年中、格安に手に入ります。ありがたいです、ですが、”旬”には負けます。夏こそ、美味しくいただきましょう。
野菜の効果と料理

ほうれん草は緑黄色野菜の中でもトップレベルの野菜

緑黄色野菜の中でもトップレベルの 抜群の栄養素をもつ野菜はほうれん草です。 ほうれん草の栄養素を、 余すところなく全部、取り入れる、 消化吸収の良い料理を考えていきます。 実際、食べてどんな効果が期待できるか、 頭で知っておくと、身体にも消化吸収率が良くなると言われています。
野菜の効果と料理

セロリは強力な抗酸化力で解毒作用あり

セロリは、とくに高血圧の方には、おすすめの野菜です。茎から葉っぱまで全部食べられます。そして、精神安定剤とも言われています。独特の香り成分が、イライラや頭痛、ストレスを緩和します。ストレスを感じた日には、モリモリ食べてください。加熱しても、生でも栄養素は変わりません。カリウムもたっぷりで、抗酸化作用があり、βーカロテンやビタミンC、B群、カルシウム、食物繊維も豊富です。
野菜の効果と料理

ヘルシーで食物繊維も豊富なキノコ類と料理

忘れてならない、健康食に「きのこ」があります。低カロリーの上に食物繊維も豊富。しいたけやマイタケには、少し特別なファイトケミカルがあります。βーグルカンというファイトケミカルが、強力に免疫細胞を活性化し、抗がん作用をサポートします。えのきだけには、疲労回復に効果があり、脂肪代謝をアップし、消化吸収、カルシウム吸収を助けるビタミンDが豊富です。マッシュルームには、タンパク質も豊富です。エリンギは、食物繊維もたっぷりで、カリウムも豊富。
野菜の効果と料理

ニンニクは世界トップレベルの健康食とその料理

にんにくの歴史は古いです。 滋養強壮のある健康食品のエースです。 今では、科学的に健康効果、病気予防効果 が明らかにされています。 加熱すると食欲が出るいい香りがしますが、 食べた後のにおいが気になります。 最近は、においを抜いたタイプや、 栄養成分や効果は変わりません。
野菜の効果と料理

ニンジンは世界トップレベルのがん予防野菜とその料理

ニンジンには、強力な発がん抑制作用があります。 肺がん、肝臓がん、皮膚がん細胞の、 成長を抑制する作用があります。 そして、アンチエイジングな老化予防、 動脈硬化にも有効です。 食物繊維が豊富で、コレステロールの吸収を抑える効果もあります。 便秘の解消、糖尿病の予防、 ダイエット、メタボ、動脈硬化の予防と改善に効果。
野菜の効果と料理

キャベツは世界トップレベルの野菜で胃腸薬からガン予防まで

「キャベジン」は耳慣れた言葉です。 どこかで聞いたことが1度はあるはず。 胃腸薬の名前です。 正式な名称は、ビタミンU。 キャベツから発見されたので「キャベジン」になりました。 キャベツは 淡色野菜の中でもトップクラスのビタミン豊富な野菜です。 ビタミンC、U、カリウム、ファイトケミカル。
野菜たっぷり料理

人生で上げるべきものの一つに免疫力があります。

野菜や果物は食べてこそ、 健康を維持できます。 その成果は私たちを裏切りません。 免疫力を上げて、病気予防、改善に 大いなる貢献をしてくれます。
タイトルとURLをコピーしました