デフサポ ユカコや夫の学歴や経歴は?大学や仕事、子どもの難病もチェック

ちょうかくしょうがい

美人で明るいキャラのyoutuberユカコさんは重度の聴覚障害者で、動画では自らの障害に対する思いや育った環境、家族や結婚のこと、仕事、子育てのありのままを赤裸々に投稿し続け、飾らない素直な語り口に人気上昇中です。

デフサポとは何か?ユカコさんや夫の学歴や経歴、大学生の時に出会われたのでしょうか?馴れ初めが気になります。結婚後は仕事をご自身で起業され、子どもさんは難病とされていますが実態を調べてみました。

ユカコの学歴や経歴

美人で明るく、どんどん喋ってくるユカコさんの動画は「何なに?」と思って見入ってしまう、興味深いお話の連続です。

舌足らずに聞こえる声の持ち主のユカコさんは、実は重度の先天性の聴覚障害者、生まれたときから耳が全く聞こえないということです。間近に通り過ぎる電車の音もうっすらと聞こえるほどだということです。目で電車を見ていないと命の危険にさらされますね(゚д゚)!

普段は手話ではなく、相手の口元を目で見て、口の形や動きで何を言っているのかを読み取り、理解しているのだそうです。これを読唇術(どくしんじゅつ)と言っています。

しかし、最近はコロナの影響で皆マスクをつけ出したので口が見えない!・・・大変困ってしまい、会話するときは外して欲しいとお願いしているそうです。

あと、口ひげがあったり、口の開け方が小さかったり、気を使ってゆっくり喋ってくる人も読み取れないそう。そういうときは何度も何度も聞くそうです。

手話ではなく読唇術をつかって聴者(健常者・耳の聞こえる人)と喋りながら、自然にコミュニケーションを取れるようになったのは、小さい頃から聴者・健常者と共に育つ道を母が選んだからだと言います。学校も障害者学校ではなく普通の学校を卒業し、普通の企業に就職されています。

難聴の私がこれまでどう過ごしてきたのか?実は聴覚障害があっても、ろう学校には通ったことがない私の進路は…?自己紹介してみました!【フル字幕付き】デフサポちゃんねる
2020/04/10投稿済み
  • 本名:牧野友香子(まきの ゆかこ)
  • 生年月日:1988年8月29日
  • 年齢:33歳(2021年5月現在)
  • 出身地:大阪府
  • 居住地:神奈川県横浜市
  • 学歴:大阪府立天王寺高等学校、神戸大学発達科学部卒業
  • 職業:YouTuber・会社経営「デフサポ」
  • 身長・体重:160~162cm・55kg前後(推測)
  • 家族構成:父・母・妹・ユカコ(推測)
  • 特技:読唇術(どくしんじゅつ)

2020年8月29日にTwitterで「おかげさまで本日32歳を迎えましたー!・・・」とツイートしているユカコさんは、2021年5月現在では33歳、1988年生まれになります。

身長や体重は写真から推測し、ユカコさんが育った実家のご家族の構成は会話の内容から考え、祖父母は別居とさせていただきました。

ユカコさんには、妹がいます。今だから言える聞ける「質問8選」を妹さんにしているユカコさんのブログ記事があります。

お母さんが障害のある姉の世話を優先的にしていたのは寂しい時期もあったが、そういうものと受け入れて育った妹さん。しかし妹さんは、お母さんはお姉ちゃんに「過保護すぎるな~w」といつも思っていたとか。

ユカコさんの就職で一人暮らしを始めると決まった時、妹さんは「ぜーーーーったいやるべき!!!」と強く思ったと語っています(^^)

年の順番からいくと両親や祖父母はユカコさんより早く亡くなっていきます。妹さんは結婚して子育てや家庭を持っていきます。その中でユカコさん1人でも立派に自立して生活をしていくことが、これから先の長い人生を送っていく上で一番大切だと思われるからですね(゚д゚)!

妹さんは、就職の一人暮らしはその練習と言いたかったのではないでしょうか?

でふさぽユカコ姉妹
出店:デフサポ・ユカコ・ブログ

「耳が聞こえないと喋れない」という話は本当でした(゚д゚)!聴覚障害者にとって「しゃべる」という動作は至難の業ということが以下の動画でわかります。

難聴のユカコがどうやって喋れるようになったのか?そして「ん」の発音は実は6種類あるって知ってた!?聴覚障害の基礎知識007【フル字幕付き】デフサポ
2020/02/10投稿済み

ユカコさんは、高校は偏差値75の超エリート進学校といわれている大阪府立天王寺高等学校を卒業し、神戸大学発達科学部に進学、卒業されています、すごいですね(゚д゚)!

学校の授業や勉強に大変苦労された模様です(´;ω;`)何より、学校側が一般校とあって進学に向けてカリキュラムされているので、障害があるなしに関わらず容赦なく進んでいくそうです(゚д゚)!

例えば、先生の顔や口元が見えなければ読み取れなくて理解できず、テストは0点~5点ということも。授業は止む無くあきらめて塾や家で猛勉強していたといいます。

そして、大学時代は様々なことに挑戦しています。スノボーやテニス、海外旅行も。当時ユカコさんがあまりにも活動的すぎてかなり心配したと、お母さんが動画に登場してしゃべっています。

難聴者を育てた母から学ぶ極意!赤ちゃんのときから始まっている聴覚障害児への言葉かけとは?【フル字幕付き】デフサポちゃんねる
2020/08/14投稿済み

その他、ユカコさんの祖父母もご健在で、妹さんや2人の子どもと撮った写真がありました。いい笑顔です\(^o^)/

夫の学歴や経歴

ご主人はユカコさんからは「テツ」、友人からは「テツさん」と呼ばれています。旦那さんの情報はそのほかあまり出てきていないように思います。動画から読み取れることをご紹介しました。

  • 本名:牧野 テツ(まきの テツ・・・推測)
  • 生年月日:1984年(ユカコさんより4歳年上)
  • 年齢:37歳(2021年5月現在)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 学歴:大学卒業
  • 職業:YouTuber・主夫
  • 身長・体重:170~177cmくらい(推測)

2人の馴れ初め

2人は2011年、(東北大震災3・11の年の)7月に、就職のためユカコさんが関西から関東に引っ越してきて、友人に誘われたキャンプで夫と出会いました。優しくて、イケメンだったとか・・・

そのキャンプについて本音をいうと、合コンのようなチャラいキャンプ!・・・だったとユカコさんと友人は当時を思い出し分析しています(^^)

女性同士で本音を暴露しているのが超愉快な動画、ユカコさんとご主人の馴れ初めを語っているのは4:50あたりからです(゚д゚)!

障害のある私の恋愛と、結婚までを知る友人の暴露トーク_聴覚障害と聴者の友人【フル字幕付き】デフサポちゃんねる
2020/08/07投稿済み

ユカコさんの方がテツさん(旦那さん)に想いを寄せていた模様です(*^^*)ユカコさん22歳、テツさん26歳のときに出会っています。4歳年の差があり、お互い社会人だった模様です。

以下の動画は、ユカコさんの解説で足らないところを補足しようとする優しいテツさんと、少し照れ気味なユカコさんです。

難聴の私と、聞こえる夫との馴れ初め♡そして、聞こえないのに気にならなかったのか?聴覚障害ある嫁と、聞こえる旦那の夫婦ちゃんねる【フル字幕付き】デフサポちゃんねる
2020/06/07投稿済み

結婚後、長女は難病児と判明しました・・・ユカコさんは大変落ち込んだといいますが、ご主人はどう思われていたのでしょうか?

子どもの難病とは?

ユカコさんの妊娠中のお腹の中にいるときから子どもに病気があるかもしれない、と医師にいわれていて、生まれてきたらやはり見た目でもすぐに病気があることがわかった、といいます。

結論は、病気の原因はわからないということです。「難病」というくらいですから・・・治療法もないということですね。

赤ちゃんのうちは首の骨が神経を圧迫していて安静にしていたり、足の骨の手術をしたりするほか方法がない難病で、前例がないらしく、おそらくリハビリや対処法で緩和していく治療だと思いました。

ユカコさんが子どもさんの難病を語っている動画があります。お母さんやご主人のテツさんがとっても頼もしいです(゚д゚)!

難聴の私のもとにやってきたのは難病児。母の私にも障害があるのに…どん底に落ちた時の話【フル字幕付き】デフサポちゃんねる
2020/07/26投稿済み

そして、夫であるテツさんに、難聴者と結婚して、難病児が生まれたのをどう思っているのか、本音を聞いています。

テツさんは「きたか~」と思ったそうです(゚д゚)!ショックはなかったといえば嘘になるが、女性のように複雑にあれもこれも先々に考えなかった、と冷静に語っています。

医師には、難病の子どもを保育所に入れたりして育てていくには、ユカコさんに仕事を辞めて子育てに専念しなさい、のようなことを言われたそうです。

しかし、ユカコさんは即答で「夫が仕事を辞めて、専業主夫になります(゚д゚)!」とテツさんに相談もしないで言ったそうです(^^)

今までの結婚生活を見ていて、夫のほうが洗濯も掃除も料理もユカコさんよりずっと上手で、きちんとしていてきれい好きだそうです。それに何より「デフサポ」の仕事は聴覚障害者である自分にしかできない仕事だという使命感があって、そこは譲れないという思いが強かったと思われます。

家に帰ってこのことを夫に話したら、すんなり受け入れてくれ、逆に家にいて子どもの世話をしているほうがいい、と言ったといいます。日本ではまだまだですが、海外では主夫をしているご家庭のケースは珍しいことではありません(゚д゚)!

当時はユカコさんもテツさんも共働きされていたことがわかります。

妻は難聴、娘は難病、夫の本音を今だからこそ聞いてみた。字幕付き_デフサポちゃんねる
2021/01/26投稿済み

テツさんは長女が生まれてからずっと専業主夫をされている模様ですが、その選択に後悔はなくむしろ「やるしかない」と腹をくくっておられるということです。youtube動画投稿のお手伝いもしているかもしれません。

そしてユカコさんは、2年後に次女を出産されてからはソニーを辞め「デフサポ」を専業しています。

「デフサポ」とは、難聴児の可能性を広げるお手伝いをしている会社の名前です。

  • ・def(素晴らしい・素敵な)
  • ・deaf(ろう・聴覚障害)
  • ・Support(支える・支援する)

def Support=素晴らしいサポート=デフサポ・・・なるほど(゚д゚)!

それでは「デフサポ」を立ち上げたわけやきっかけになったことは何だったのでしょか?調べてみました。

起業したわけ

正直言って、大企業のソニーに就職していたほうが福利厚生もよく、給料も良かったけれど、どうしても起業しようと思った・・・とユカコさんは語り始めます。

それは、結婚をしてできた最初の子どもが(子どもは2人いらっしゃいます)骨の病気を持つ先天性の難病児として生まれてきたのが大きな理由だといいます。

ユカコさん自身は、今まで障害を乗り越えて家族や夫に守られて生きてきましたが、2014年に長女を出産して、今度はユカコさんが難病児の新米ママになりお世話する身になりました。

我が子の将来や仕事のこと、どうすればいいのか・・・子どもが可愛いからこそ、現在の日本での将来の可能性やできることなどを調べ尽くした、そして落ち込んだ、と言います。

初めての産後の回復期を乗り越えてまたソニーに復職し、楽しく働いていたが「これでいいのか・・・」というモヤッとした思いや、しんどい親御さんは他にもいるのではないか・・・という思いがずっと心にあったと言います。

2016年に2人目を産んで産休が長くあり、以前から思っていた、ユカコさん自身の聴覚障害者としての30年の経験を生かして、同じ難聴児を持つ家族にカウンセリングをボランティア気分で試してみたら、40名も集まりビックリしたそうです。

ユカコさんがご家族の話を聞いているうちに、情報が全然なかったり地域差があったりと課題が多くみつかったり、何より障害者である我が子が大人になったイメージがあんまりなかった・・・健康な一般の人のような、喋ったり大学へ行ったりするイメージを、しようと思ってもできずにいる家族が多かったのがショックだったと語っています。

何をしていいかわからず、こんなに困っている人がたくさんいるのに誰も何もしないのか・・・ちょっとでもできることからやっていこう・・・と「デフサポ」という会社を立ち上げ起業した、というわけです。

そして「デフサポ」を多くの人に知ってもらうために、youtube動画も始めたということです。

難聴のある私が、大好きなソニーを辞めて起業したわけ※字幕付き【デフサポちゃんねる】
2020/10/03投稿済み

しかし、本格的に「デフサポ」専業にしていったのは2018年からで、お金のかかる難病の我が子のためにも大企業ソニーを辞めたくないと、かなり悩んだそうです。

そして、同僚や家族に相談しているうちに、「やっぱり障害者である私にしかできない仕事で、困っている人と、自分のこの手を離したら後悔する!」と腹をくくってソニーを退職した、と語っています(´;ω;`)

ソニーで働いていたときより給料は減り、休みも少なくなったそうですが、困っている人が一人でもなくなると本当に良かった「起業して良かった!!!」と満足していらっしゃいます\(^o^)/

以下は仕事をしているときのユカコさんや会社の様子です。

耳が全く聞こえてないけど、社長してます。【仕事風景密着】 A day of the deaf president.※字幕付き
2021/03/07投稿済み

今回のまとめ

美人で明るいキャラのyoutuberユカコさんは重度の聴覚障害者ですが、動画では自らの障害に対する思いや育った環境、家族や結婚のこと、仕事、子育てのありのままを赤裸々(せきらら)に投稿し続け、飾らない素直な語り口に人気上昇中です。

ユカコさんの聴覚障害は先天性(生まれつき)の極度の難聴で、間近に通り過ぎる電車の音がうっすらと聞こえるほど。しゃべることができないだけではなく、聞こえないということは目で電車を見ていないと命の危険にさらされます。

そんなユカコさんをあきらめず、小さい頃から言葉を覚えさせ、健常者(一般人)と一緒の学校に行かせてくれたお母さんや、そばで助けてくれた妹の家族の愛情に恵まれて現在があること、自分自身もあきらめずに歩いてこれたことを、母になったユカコさんは大変感謝されています。

一流大学卒業、大企業にも就職、耳の聞こえる聴者と結婚、出産、そして難病児の母となったユカコさんは、夫の力を支えに様々な障害を乗り越えつつ、使命感をもって「デフサポ」を現在も運営しています。

ユカコさんが体験されたコトや想いは、障害者当人や家族だけではなく、人生で悩んでいるすべての人にも通じるものがあるような気がします。がんばらずにありのままを一生懸命続けている姿にはげまされます(゚д゚)!

時には興味深いことを、時には世間では知られていないことをありのまま赤裸々に語ってくれるyoutube動画を楽しみに期待しています。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました