フィッシャーズと東海オンエアの不仲は本当?違いが何かも検証! 

フィッシャーズ

知っていましたか?「フィッシャーズ」と「東海オンエア」は同じ事務所の所属なんです。そしてどちらも押しも押されぬ人気グループのyoutuberです。

コラボはしているんでしょうか?不仲説がありますが、本当のところどうなんでしょうか?フィッシャーズは7人、東海オンエアは6人のグループですが、人数の他に違いがあるとすればどんなところ?検証してみました。

不仲なの?

いいえ!コラボはしていました!

2016年5月5日と9日に投稿済みの動画です。

とくに「不仲」には見えませんでした。

けんかや争い、炎上などは噂にはないと思います。

ライバル意識がないと言えばウソになるでしょう。しかし、同じ事務所ですから、親しき仲にも気の使い合う関係です当然ですね(゚д゚)!

それに、お互いにメンバーのことや動画撮影、編集などで忙しくて、ゆっくり交流しているヒマなどはないと思われます。

居住地、活動地もそれぞれ違いますし。

そうなんです、フィッシャーズは東京を拠点に、東海オンエアは愛知県を拠点としています。

YouTubeを開始した時期はフィッシャーズのほうが1年だけ早く、年齢も1歳若いのです。東海オンエアは1歳上の兄貴軍団というところでしょうか(^o^)

フィッシャーズのほうが動画再生回数が多いけれども、年収は東海オンエアのほうが上です。

その他の違いについても調べました。

違いは?

フィシャーズと東海オンエアは、グループメンバーの数、youtuberを始めた時期、ジャンルもコメディアン(^o^)、と似たところが多いです(゚д゚)!

さて、細かな数字的な違いは?動画やウィキ、Twitterなどから調べてみました。

フィッシャーズ

  • 始めたきっかけ:中学生最後の思い出に同級生仲間で動画を撮り始めた
  • 始めた時期:2012年~
  • 居住地:東京都葛飾区
  • ジャンル:コメディ
  • 事務所:UUUM(2015年~)
  • メンバー:7人
    • シルクロード、マサイ、ンダホ、モトキは専業youtuber
    • ダーマはゲーム会社、ザカオはダンサー、ぺけたんはボカロのカバー歌手(名前は「こめてっと」という)の3人は兼業youtuber
  • (ボカロとはヤマハが開発した音声合成技術で作られた曲(作品)のこと)
  • サブチャンネル:Fischer's-セカンダリ-
  • 年齢:
    • シルクロード、マサイ、ンダホ、モトキ、ザカオ、ぺけたんは27歳(2021年現在)
    • ダーマは26歳(2021年現在)
  • 年収:グループとしては4~5億超え、個人1人は7000万くらいだといわれています
    • 再生回数: 112億1498万8482回
    • チャンネル登録者数:658万人
    • 動画投稿数:2286本
    • 1動画あたりの再生回数 :490万5944回
    • チャンネル運用期間:8年6ヶ月(2012年08月24日~)
  • (※数値は独自の収集データによる推測値です。2020年、Tuber Town)

YouTube界アカデミー賞と言われる「Streamy Awards」の国際アジア太平洋部門でノミネートされ、受賞しています。(2019年12月13日)

日本のyoutuberとして初めての受賞だということです。その時の動画が以下にあります。

フィッシャーズ はYouTube再生回数が世界9位です(゚д゚)!↓

東海オンエア

  • 始めたきっかけ:てつやがyoutuberになると1声を挙げ同級生を巻き込んでいった
  • 始めた時期:2013年~
  • 居住地:愛知県岡崎市
  • ジャンル:コメディ
  • 事務所:UUUM(2017年~)
  • メンバー:6人
    • てつや、りょう、しばゆー、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡
  • サブチャンネル:東海オンエアの控室
    • その他にそれぞれ6人とも個人チャンネルを持っています。
  • 年齢:
    • てつや、りょう、しばゆー、としみつ、ゆめまる5人は28歳(2021年現在)
    • 虫眼鏡は29歳(2021年現在)
  • 年収:グループとしては6~7億超え、個人としては1人1億超えをしている
    • 再生回数 :77億5589万4027回
    • チャンネル登録者数 :574万人
    • 動画投稿数: 1838本
    • 1動画あたりの再生回数: 421万9746回
    • チャンネル運用期間 7年4ヶ月(2013年10月13日~)
  • (※数値は独自の収集データによる推測値です。2020年、Tuber Town

関連記事:東海オンエアーメンバーの関係性は?年収の振り分けが驚きの額に!

印象による違い

東海オンエアの印象はからだを張った悪ふざけ、企画が多いですが、個人の個性がそれぞれ生かされてそれぞれのカラーを大切にしています。

国内、海外の旅行記なども楽しく面白いです。

個人チャンネルも楽しくイキイキとして、大好きなことを思う存分やっているというイメージがあります。

フィッシャーズの印象もからだを張った悪ふざけも多いですが、けっこう真面目にアスレチックや水泳、運動会、鬼ごっこ、心霊スポット、大食いなど盛りだくさんの企画で飽きさせないイメージです。

驚くことに心霊スポットはガチでやってるそうです(゚д゚)!あとで除霊師に除霊をしてもらっています。その動画もありました。

本当にビックリ(゚д゚)!

(私事で恐縮ですが、苦手なので全部見ていないです。ご覧になりたいかたはチャンネル登録してご覧くださいm(_ _)m)

歌もよく歌っています。ぺけたんがニコニコ動画でボカロ曲(電子音声曲、人気あります)をカバーしているせいか、メンバーも総動員で歌っています。

以下がカバー曲「うっせぇわ」です。↓

(ぺけたんはこの時の動画には出ていないかもしれません。)

まとめ

フィッシャーズと東海オンエアの不仲説はありませんでした。

同じ事務所のチョイ先輩後輩で、年格好も似た忙しい売れっ子youtuberでした。

しいて言うなら、フィッシャーズがyoutuberとしては1年先輩ですが、年齢は東海オンエアが1歳兄貴です。

親しき仲にも礼儀ありの普通の関係ですね(^o^)

イメージ的な違いというと、東海オンエアの印象はからだを張った悪ふざけ、企画が多いですが、個人の個性がそれぞれ生かされてそれぞれのカラーを大切にしています。

個人チャンネルも6人とも持っていて、大好きなことを満喫しています。

グループのメインチャンネルとサブチャンネルを合わせて、個人チャンネルの視聴者も多く年収もかなり多くなっています。

一方、フィッシャーズは再生回数世界で9位という快挙を成し遂げました。

YouTube界アカデミー賞と言われる「Streamy Awards」の国際アジア太平洋部門でノミネートされ、受賞しています。(2019年12月13日)

年収は東海オンエアより低いですが、youtuberとしては上位に座しています。

動画内容の企画も、スポーツ系、歌、心霊、大食い、ルームツアー、ペット特集など盛りだくさんのジャンルで飽きさせません。

何でもガチでからだを張った企画に、本当にビックリ(゚д゚)!です。

どちらのグループも皆様からだを壊されませんようにm(_ _)m睡眠もしっかり取ってくださいね(^o^)これからも応援しています。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました