[Hiro Yams | 山本泰豊]スタンフォード大学生の1日Vlogや経歴とは?

スタンフォード大学

日本の高校からアメリカのスタンフォード大学に進学した[山本泰豊]。その山本泰豊さんがスタンフォード大学経験と学びのプロセスを共有したいとYouTubeチャンネルを世界に配信中。

初めてというYouTubeVlogは山本さんの1日生活と,スタンフォード大学内や寮も観ることができ興味深い。学生の中には日本の徳島県から進学した松本杏奈も居た!

動画や経歴などをチェック。

「Hiro Yams | 山本泰豊」チャンネルVlogとは?

「日本の高校からアメリカのスタンフォード大学に進学しました。今後も留学生活や、シリコンバレーの起業文化、海外大学受験について配信していきます!」とある「Hiro Yams | 山本泰豊」チャンネル。

まだ1投稿されているだけですが、チャンネル登録者数は4950人、再生回数は11万回超え。とってもオシャレに仕上がっていると思いました。

アメリカのスタンフォード大学内が写っています(゚д゚)!

出典:Hiro Yams | 山本泰豊:2021/11/10投稿済み

山本泰豊さんはバイオリン奏者で「スタンフォード・フィル」(フィルハーモニー・オーケストラでしょうか?バイオリン弦楽器だけかもしれません・・・(・・?)に入っていらっしゃるご様子で、Twitterには、とても忙しくて春休みに何本か投稿したい、とあります。

しかし、その春休みは、バミューダー諸島で行われる音楽祭に出演するため、スタンフォード・フィル(ハーモニー)は、朝の11時から午後5時半までぶっ通しで練習という、春休みとは思えない鬼のスケジュールをこなしていたそうです。

そのうち、どんどんVlogを投稿してくれますね、きっと(^o^)

YouTubeチャンネルをなぜ開設されたのでしょうか?

さて、山本泰豊さんは、なぜYouTubeチャンネルを開設したのか?ということにも触れています。動画の概要欄で説明されていました。

「スタンフォードに出願したのも、モチベが保てたのも、先輩YouTuberの方々からインスピレーションを受けたから。」

「興味を存分に探求し、新たな出会いと学びがある日々を過ごせている今、YouTubeにその経験と学びのプロセスを共有しようと思った。世界の何処かの誰か一人にでも、良い影響を与えられていたら嬉しい。」と動画の概要欄にありました。

山本泰豊さんの高校はどこ?

みごとスタンフォード大学に合格された山本泰豊さんですが、高校はどこだったのでしょうか、調べてみました。

茗溪学園(Meikei High School)(茨城県つくば市)国際バカロレア(IBDP)コース1期生、だと思われます。

茗溪学園(Meikei High School)は中学校・高校ともあります。

「国際バカロレア(IBDP)」は、世界に通じる力を子どもに身に付けさせたい、と願う保護者にこそ知ってほしい教育系キーワードになっているということです。

「国際バカロレア」認定校は日本では、2020年4月時点で83校。そのうち、国際的な入試資格を得られるディプロマプログラム(DP)16~19歳(大学進学を目指す高校生向けの教育プログラム)の認定校は51校、とされています。

山本泰豊さんもこのDPと呼ばれるコースだったと思われます。

ちなみに山本泰豊さんのTwitterでは、冒頭に「IBDP対策塾Viasta創業者・代表」とありました。

「Viasta IB」で調べていると、ViastaIBオンライン塾のホームページがありました。そこでは代表のほかに講師もされているのでしょうか・・・それは忙しいですね。

山本泰豊さんの年齢や誕生日は?

ちなみに、Twitterで発見したのですが、山本泰豊さんの生年月日は(一浪することなく現役だとすれば)2003年7月30日、19歳、ということになると思います。

山本泰豊さんは、「孫正義育英財団」で奨学金制度を受けられたのでしょうか・・・

動画に写っていたピンク毛の学生は誰?日本人?

山本泰豊さんのVlogに写っていた、とっても目立ったピンク毛の学生さんがいました。お顔立ちは日本人のように見えました。

ネットやTwitterで調べているうちにわかりました。

それは「松本杏奈」(まつもと あんな)さん、日本人。

「徳島からスタンフォード大学に合格」と話題になっていた模様です。松本杏奈さんはご自身のことを問題児、と語っています。

そして1番の壁は「地域格差」だった、と語っています。どういうことでしょうか?

出典:ABEMAニュース【公式】:2021/06/09投稿済み

「松本杏奈」さんのTwitterでは自己紹介されています。

現在19歳(2003年生まれ)で、徳島文理高校を卒業。そして、スタンフォードの学費・寮費等全額補助の給付型奨学金に合格、2021年9月よりスタンフォード大学に進学されたのです(゚д゚)!

「四国・徳島生まれ徳島育ちの女子高生が「味方無し」「お金無し」「英語力無し」の3つの逆境を乗り越え、スタンフォード大学に合格できたのは「発想の転換と行動力を身につけた」から。」ということで、本を出版されています。

今苦しんでいる人、これから一歩を踏み出したい人、今幸せな人、とにかく辛い人、とにかく色んな挑戦者と対話したい。大学合格直後の新鮮な無鉄砲な感情、当時高校生だった受験時に書き記した沢山の日記、大学入学後に実際にこの地で抱いた希望と共に、私の思いつく限りの生き方を、書き留めておきたい。そして、本の向こう側にいるあなた(もしかしたら未来の自分)と、美しい世界をつくりたい。

2022年4月 松本杏奈著書より

松本杏奈さんが興奮、感動の冷めぬ間に書いた本といわれており、興味ある方はぜひ手にとってみてはいかがでしょうか・・・

「Anna Matsumoto / 松本杏奈」Twitterの冒頭に載っている、「柳井正財団第5期生」という記載の「柳井正財団」は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの会長兼社長の柳井正氏が理事長です。

米英の有名私立大の学費はいくら?

マネー

米英の有名私立大の学費は年々上昇し、年間500万~600万円。寮費など生活費を含めると1000万円近くに上る、といわれています。(毎月になおすと100万円になります)

欧米には様々な奨学金制度があるそうですが、ちなみに柳井財団は米国の場合、9万5000ドル(約1090万円)、英国は6万5000ポンド(約1000万円)で、ほぼ必要な費用をまかなえてしまうとされます。

返還不要で、卒業後にファストリ入社などの条件も一切ないということで驚きです。それだけに競争率がたいへん高いといわれています。

松本杏奈さんは、その柳井正財団第5期生、ということになります。本当に良かったですね(゚д゚)!ご自身の著書にも書かれていることと思います。

最近はもっと日本の経済人による留学などの支援の輪が広がっていて、ソフトバンクの「孫正義育英財団」もあり、欧米に留学する学生が増えているということです。

今回のまとめ

日本の高校からアメリカのスタンフォード大学に進学した山本泰豊さんが、大学生の1日VlogをYouTube動画で投稿されています。

スタンフォード大学建物や校内、寮内など、様々な興味あるシーンを観ることができます。

山本泰豊さんはYouTubeだけではなく、バイオリン奏者でもあり、オンライン塾も創設していたり、学業にも勤しみ、たいへん忙しく生活している方でした。

山本泰豊さんのVlogには、今話題の「徳島からスタンフォード大学に合格」の松本杏奈さんも登場していました。

松本杏奈さんは、スタンフォード大学に合格できたご自身の熱い想いや体験談を著書にされていました。興味ある方はぜひ手にとってみてはいかがでしょうか・・・

日本では観ることのできない、山本泰豊さんのスタンフォード大学生Vlogの続きを楽しみにしています。最後までご覧いただきましてありがとうございましたm(_ _)m

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました