清原果耶は演技が上手なのか下手なのか?どこを見ている?

きよはらかや07

「あさが来た」や「透明なゆりかご」での演技が評価され、グランプリ賞や新人賞、主演女優賞を受賞し、CMにも活躍している清原果耶(きよはらかよ)さん。

「まともじゃないのは君も一緒」「夏への扉」など数々の作品にも出演し、抜群の演技力と将来性が評価され3度目の朝ドラになる「おかえりモネ」でヒロインも努めます。

中でも「凛とした佇まい」と「思いの強さを感じさせる真っすぐな眼差し」が評価を受けているとされます。さて清原果耶は演技が上手なのか下手なのか?若くて可愛いだけなのか?いったい何を基準として、プロデューサーや脚本家たちはどこを見ているのか調べてみました。

演技が上手なのか下手なのか?

はたして、清原果耶は演技が上手なのか下手なのか?若くて可愛いだけなのか?いったい何を基準として、プロデューサーや脚本家たちはどこを見ているのでしょうか?

演技力とは何?俳優や役者と呼ばれる者の演技に上手、下手があるとしたら、それにはどんな違いがあるのでしょうか?

本人の性格、両親の性格、環境、財力そんなところも調べてみました。

英才教育を受けていた

家族そろってPerfume(パヒューム)のファンで、憧れて幼少期は歌とダンススクール、小学1年生からクラシックバレエに。英才教育ですね(゚д゚)!

小学5年生から中学1年生までは、兵庫県西宮市に本拠地を置く劇団「Youth Theatre Japan (YTJ)」 に通ってダンス・歌・ミュージカル・バレエを習っていたというタカラヅカ(宝塚歌劇団)さながらの歴史をもつ清原果耶さん。

そういえば清原果耶さんの姿勢はシャキットして、見た目も「凛とした佇まい」(りんとした、たたずまい)に見えますね。場馴れもしているのかもしれません。

何でも吸収してしまう幼少期からのこのような体験は、持って生まれた個性もありますが、芸能界の縁に引き寄せられ、現在にも影響が及んでいるといえるかもしれません。

2014年、12歳(中学1年生)のとき、母がPerfumeの所属するアミューズの新人発掘イベントに好奇心で応募し、3万人の中から結果的に受かってしまい同事務所に所属するようになります。

2015年はまだ13歳、中学2年生です。同年9月からNHK朝ドラ『あさが来た』にレギュラー出演し、女優としてデビュー。女中ふゆ役、ふゆの娘のナツ役の年齢幅の広い2役を努めています。

そして順調にCMに出たり映画作品にも出演したり、テレビ、ドラマ部門ではグランプリ賞や新人賞、主演女優賞も受賞しています。

上京して本格的に芸能活動を開始

2020年3月に高校卒業後は進学せず、大阪から上京して芸能活動を本格的に開始しています。これは芸能界にかけるエネルギーが大きいといえるのはないでしょうか、一生懸命にひたむきになれる要素でもあります。

それと、清原果耶さんは一見可愛らしくおっとりした雰囲気に見えますが、あめちゃんやおばちゃん、ヒョウ柄のイメージの強い大阪の関西弁を、しゃべると芯が強そうに思います。

幼少期のころから、歌にダンス、ミュージカル・バレエ一筋ですから(゚д゚)!鍛えられているというか生活の一部かもしれませんね、活動的です。

清原果耶 - 「君に見せる景色 」(Music Video)2020/09/01

2020年9月には歌手、CDデビュー、映画初主演作「宇宙でいちばんあかるい屋根」の主題歌「今とあの頃の僕ら」のカップリング曲の「君に見せる景色」ミュージック・ビデオでは、コンテンポラリー・ダンスを見せてくれます。

家族や環境、財力、性格は?

本当に失礼とは思いますが、関連記事やInstagramなどを調べまして、推測をしておりますのでご了承お願いいたします。

ご家族は4人、父、母、姉、本人。清原果耶さんもきれいですし、皆さん美男美女と思われます。ご両親は医療関係、お姉さんは医療系に進学されていたとか噂がありますが、本当のところはわかりません。

お姉さんは医学系私学に、果耶さんは習い事をもできるのは家庭が裕福で財力があると思われます。ですのでご両親は医療関係の医師かもしれないという推測がされているのです。

デビューから高校卒業までは大阪の実家在住で、仕事やレッスンのため大阪と東京を往復していたということで、続けるのにも家族の協力なしにはなし得なかったのでは・・・と思います。

果耶さんの特技はやはり歌とダンス、得意な歌はミュージカルのアニーで、お風呂の中で歌ってストレスを発散するという活発な女子です。失礼、若手女優さんです。

性格はおとなしい見かけと違い、さっぱりしていて、よくしゃべりモデル仲間からは「イケメン」「キュートで可愛い」と言われているそうです。

1人が好きで、プライベートは1人で過ごすことが多いらしいのです。孤独を愛せるのですね。日頃が忙しすぎるのではないですかね(^^)とくに芸能界は四六時中誰かに見られていますから、息抜きは必要ですね(゚д゚)!

役者や俳優は役を演じるのですから、セリフ覚えや役柄のイメージを掴んだり、勉強したり瞑想する時間も必要です。ここからは、役者や俳優の演技力について調べていきます。

演技力とは何?俳優や役者と呼ばれる者の演技に上手、下手があるとしたら、それにはどんな違いがあるのでしょうか?

きよはらかや05 (1)
出典:Instagram

演技力とは何?

演技力が上手、下手があるとしたら、それっていったい何のこと?どんな違いがあるのでしょうか?

演技を評価する人はもちろん作品を見た視聴者さんや、そもそもドラマや映画を作る人、台本や脚本を書く人、プロデューサー、監督など演技に関わって来る人ですね。

とくに作品を作る側の人たちは、いったいどんな事を考えているのでしょうか?

まず、映画やドラマに出たいと思ったら、オーディションという関門をくぐり抜ける必要があります。作品によってはオファーされたりすることもあると言われていますが、基本的に自分を売り込みアピールし、評価され選ばれなければならないとされています。

どんなことを基準としているのでしょうか?調べてみました。

プロの審査員はどこを見ているか?

オーディションや演技の上手、下手で調べているとキャスティング・プロデュース・俳優として活動するエイジさんという方の動画があり、そこから調べています。内容をまとめると・・・

運や総合的な面はあくまでも付属品で、やはり基本は人間関係にあると言われています。人と人との関わり方、自分の考えや日頃の姿勢がその人なりに出ている、と言われています。

プロの審査員は、オーディションを受ける人の顔をマジマジ見なくても、雰囲気や言葉使い、立ち振舞いを観察していて、いくら演技が上手くても、仕事を一緒に続けていくことができる人かどうかを見ていると言われています。

2020/10/02

以上は(世界を旅しながら15か国以上でキャスティング・プロデュース・俳優として活動する、FILMSTA代表のエイジレオンリー(EIJI LEON LEE)の雑談チャンネルです。)

書類選考や面接でのアピールの仕方もあるそうです。いかにして印象付けるのかを考えるのも大切で、能力のいることで、そこをどうこなすかも見られています。

次に演技力とはいったい何でしょうか?調べてみました。

演技力とは何でしょうか?

それは「普通」であること。生活しているように、呼吸をしているように、「違和感なく、普段着だということ」。

そして演技をするということは、感情の「キャッチボール」であると言われています。

ありのままの感情を受け取ったら、感じ取ったありのままの感情で投げ返すのだそうです。役になりきり入り込んで作品の人物を生きることだと言っています。

演技の上手、下手で調べているうちに「くら演技塾」チャンネルと出会いました。やはり専門家のおっしゃることには納得できるような気がします。

知っているか知らないかで、差がつく!と言われています。

演技がうまい人と演技が下手な人、決定的な差を生む「2つのポイント」2020/11/27

(藏信貴 PROFILE=== 俳優、演出家、演技講師 、14年間で3,800名の指導実績を誇る「くら演技塾」を主宰。)

やはり演技はみがいていけるものなのですね(^^)勉強したり、マインドセットしたりして成長していけるのです。

違和感なく普通、普段生活している中で湧いてくる感情をそのまま役になりきって表現すればいいのですね・・・と簡単そうに言いましたが、すんなりできれば苦労はいりませんね。

時代背景や流行もあると思いますし、好き嫌いや相性など視聴率もあります・・・中には順番が回ってくるということも長い人生にはありますが、諦めず数をこなしていくのも勉強の一部です。

清原果耶も若手女優として始まったばかりです。幼い頃からのダンスや歌、ミュージカルを生かしてこれからも女優業に専念していかれると思います。大輪の花を咲かせられますよう応援しています。

今回のまとめは

注目の若手女優、清原果耶は演技が上手なのか下手なのか?若くて可愛いだけなのか?

いったい何を基準として評価するのか、作品の作り手であるプロデューサーや脚本家たちはどこを見ているのかなど、つかみどころのない話しを調べてみました。

注目の清原果耶さんは幼少期から芸能界に入るまで、歌やダンス、バレエ、ミュージカルなどを習っていて劇団にも所属していました。

母が応募した芸能事務所に受かり、今では芸能界を本業としてテレビドラマ、朝ドラ、映画、CM、歌手、ダンスなど幅広く活躍しています。

清原果耶さんの演技力の凄さの裏には、幼いときから鍛えたコトやモノが、暖かな家庭と家族と共にありました。

演技、演技力という言葉そのものを調べていくと、役者、俳優、プロデューサーや脚本家、演技塾なるのもに出会い、それぞれの考えを頂きました。

それはやはり、仕事をしていく上で、人間関係につきるということで、1つの作品を作っていくには、作り手プロデューサーや監督、脚本家と俳優がどれだけ理解しあえるかにかかっているといえます。

演技力もどれだけ理解できるかにかかっているのではないでしょうか?でも、焦らずに素直にいけばよいだけなのかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました