ニック式英会話の英語脳が目からウロコ!?ニック・ウィリアムソンはどんな人?

せかい

平凡で普通の日本人で社会人の私は映画が好きで英語に興味があり、youtubeで時々英会話を見ていると「ニック式英会話」に出会いました。

初心者から中級者向きだと評判だったので見続けていると、シンプルでわかりやすく頭がスッキリ「目からウロコ」。英語脳とは?講師のニック・ウィリアムソンはどんな人?気になり調べてみました。

英語脳とは

「英語脳」とは、日本語で考えるのではなく、英語脳で考えるということだそうです。

英語脳は日本語とは全く別のものだといいます。私は今まで英会話をするとき、英作文をつくるとき、自分の言いたいことを日本語で考えてから英語になおしていました・・・それが大きな間違いだと、ニック式英会話ではいっています。

英語は日本語脳で考えるのではなく、英語脳で考える、ということですね(゚д゚)!どういうことか?ここから深堀りしていきます。

2019/11/07投稿済み

ニック式英会話を考えたニックさんは、日本語がペラペラです(゚д゚)!が、4年間は文法や理屈を勉強してもしゃべれるようにはならなかったといっています。

だからこそ、外国語を習得する苦労はよくわかる、と語っていて、自ら体得した「コツ」を惜しげもなく教えてくれています。ウソはないでしょう(^o^)

やはり迷いや時間がかかったようですが、その勉強していく中で「コツ」をつかんだといっています。ご自身の体験から「日本人が英語を話せない理由は3つある、しかもシンプル」だということです、

まずは、「日本人が英語を話せない3つの理由」をみていきます。英語に興味のある方は必見です。

日本人が英語を話せない理由はたった3つ

  • 1)英語を発信する練習をしないから
  • 2)細かく考えすぎるから迷ってしまう
  • 3)受験勉強や教育が必要以上に難しいから、混乱する

1)脳と口の筋肉に、ネットワーク(話す神経回路)が新しくできるようになるまで、繰り返し、繰り返ししゃべり続けるのが大切だといいます。

そしてそれは、ピアノの演奏に例えられていて、いくら楽譜や理論を勉強していても、実際に指でピアノの鍵盤を弾いて練習しなければ演奏できない、頭と指の神経回路ができてくるのと同じだといいます。

しかも、やみくもに弾くのではなく、ピアノの楽譜を見て練習するように、英語も「決まったテンプレート」があり、それに従って発信(話す、しゃべる)をするのが上達するコツだといいます。

スポーツも基本のフォームや、筋肉の使い方があるのと同じかと思います。真のゴールは、理屈を意識せずに、正しく話せること、だといいます。

2)細かく考えずに、会話する場面で「どれだけ考える量を減らせるか」が勝負、だといいます。どうしたら考える時間を減らせるか?・・・その答えは、塊(かたまり)で覚える、です。

3)ニックさんは、受験生に英語を教えた結果、ニックさん自身が英語を嫌いになった(笑)といっています。

受験勉強は学論文の長文が多く、大学などで世界中の論文を読めるために、難しい文法や理論を勉強するので、必要以上に難しく混乱するといいます。

しかし、英語の80%はとっても簡単なルールでできているので、日頃話す英会話は受験勉強のとは全く違うものだといいます。

英会話教室に通っているのになかなか英語がしゃべれない、という現象は、ネイティブの講師だからといって生徒に「英語を教える」ことはまた別物だともいいます。

2019/01/14投稿済み

ニック式英会話を考えたのは、ニック・ウィリアムソン(Nic Williamson )さんです。どのような方なのでしょう?調べてみました。

ニック・ウィリアムソン(Nic Williamson )はどんな人?

オーストラリア・シドニー出身。

外国人に英語を教える英語学校をシドニーに設立した父と、第1外国語としての英語の教え方を専門とする言語学者である母を持つ、英語教育のサラブレッド、といわれています。

中学校から日本語を学び始め、硬い勉強を好まない性格と鋭い分析の才能から、独自に効率的な学習法を考え出して語学(とくに日本語)習得のコツを掴み、最低限の勉強で常に学年トップを維持します。

シドニー大学に進学後、心理学を専攻し、言葉を覚えるメカニズムなどを学びます。同大学にて3年間日本文学を勉強し、日本文化にも明るいといわれています。

在学中に、オーストラリアの日本大使館が主催する全豪日本語弁論大会で優勝されています。

大学卒業後に、日本の文部科学省の奨学金を得て、東京学芸大学に研究生として1年半在学。在学中にアルバイトとして英会話スクールで教師になりました。

そこで、自らの語学習得の経験に基づき、最低限の勉強で簡単に英語を習得できる、英語教育の開発を始めました。

その「目からウロコ」的な独自の教え方と、説明のわかりやすさから、多くの生徒の支持を集め、生徒と学校からの熱烈なラブコールに応えて、卒業後も看板講師として同校にて6年間勤務。

その経験を通して、日本人の英語学習における長所、短所を知り、日本人に英語を教えるスペシャリストとしての知識・技術・経験をさらに積み上げます。

現在、日本で英語を教えて12年、英語教育のスペシャリストとされています。

その12年間で英会話スクールだけでなく、大学での講義、企業研修のビジネスなども展開。更に1日ワンフレーズの無料メルマガ(englishLife)や数々の英会話の教科書、雑誌のコラムなどの執筆活動も。

さらに、SKY PerfecTV!の番組の司会やラジオのDJを手がけるなど、幅広く活動されています。

温か味があり、楽しくて正確、そして日本人の「間」がわかることから非常になじみやすいと評判です。日本語での説明が、細かい雰囲気まで伝わってきてよくわかると思いました。

聞かれればどんな文法でも説明できるが、逆に文法を重視しないといわれています。

初心者でもわかりやすく、上級者でも「なるほど!」と思える独自の勉強法を生み出した、日本トップクラスの英会話教師、と評判は高いです(゚д゚)!

もう失敗するのはこりごりと思っている人こそ必見のニック式英会話だと思います。私がそうですから・・・(;´∀`)

なぜかこれは「目からウロコ」だと思った

直感的に、これだ!と思いました。

今まで「聞き流すだけで・・・」とか「聞き取ることが大事」とかyoutubeでもありましたが、やはり自分の知っている単語やフレーズだけしか聞き取れなかったし、何より、聞き取りはできますがその他の勉強法がわからなくていつも迷っていました。

もちろん海外に行ったことも、滞在したり、会話したことも、英会話を習ったこともありません。

今まで義務教育の12、13歳からずっと英語を勉強したり、聞き流すだけ英会話もずっと聞いているのに(あるいは海外留学している人の場合でも)英語をしゃべれないのはなぜなんだろう?

海外の人と英会話をする機会がありましたが、簡単な質問をしたくてもすぐに英作文が作れなくて焦ったり、なんとか文にした英会話も、意味がちゃんと伝わっているのかな・・・?と思ったり。

映画を見ていても、ネイティブの英語はなかなか聞き取れなくて、どこかポイントがあるのかな・・・?などと、私はいつも頭のどこかで考えていました。

逆に、日本人で日本で生活しているのですが、対人関係で相手の人は何を言いたくてしゃべっているのか、意味を理解できないときなど、英語ではなんて言うのかな?どんな文になるだろう?と考えると頭の整理がつくことがあるのですが、私だけでしょうか?

そんなこともあり、英語には興味がありペラペラとしゃべれたら気持ちいいのにな・・・と思っていました。

英語を話せるようになる理由はたった3つ

英語を話せるようになる3つの理由

  • シンプルに考える
  • 「かたまり」を意識する
  • 口に出す練習をして神経回路を作る

口に出す練習方法の一つとして、ニック先生は「独り言をいう」事を勧めています。そうです、口のなかでブツブツと、相手もいないのに1人でです。

独り言を言うのが続かない人は「オンライン英会話」を使うとよいとされます。予約した時間が来れば嫌でも英語を口から出さなければならなくなるからです。(まあ有料ですが)

英会話をするにしても、どちらにしても「独り言」練習は簡単で、無料でできますし、恥ずかしくもないですね(゚д゚)!

ニック式英会話とは、英語の神経回路をつくろう、英語脳をシンプルに作ろうということです。

  • 1)会話する場面で、考える量をどれだけ減らせるか
  • 2)ネイティブと同じ思考回路で英語を意識すること
2018/11/22投稿済み

しかし、正しい英語を目指さなければ、意味が変わってくる・・・と言います。

会話で受ける人が親切であれば、たぶんこう言いたいのだろうな~と意味をくんでくれるのでしょうが、本当のところネイティブにはどのように聞こえているのでしょうか?この視点も面白くてご紹介します。

ネイティブにはどう聞こえているのか?

2020/03/14投稿済み

しゃべらないでいるのも上達しませんが、正しい英語を目指すことも大切だといっています。それにはやはり、テンプレートに沿って「かたまり」を当てはめて覚えていくのが、簡単でシンプル、かつネイティブ英語に近いものになっていく、といいます。

ビジネスマンにも役に立つのではないかなと思います。コロナ禍で外に習いに行かなくてもyoutubeで学習できれば安全で無料ですし、受験生や家族でも楽しく学べると思います。

そこで、超簡単なアプリで面白い感覚で繰り返せる勉強法がありましたので、以下の動画も興味のある方は必見です。

2021/04/08投稿済み

最後に面白い「生きた英語」を学べるサイトと解説の動画がありました。日本語の表現と英語の表現を見比べるのも面白いし、これこそ英語脳といえる表現になっています。

以下はサイトの解説動画で、その下にサイトのURLを貼っておきます。

2020/11/12投稿済み

生きた英語のサイト=ニック式英会話(Nik Method English)

ニック式英会話、ニックさんのファンになってしまいました。面白くてわかりやすく何度も見たくなり学習が大好きになってきました。コロナ禍で増えたお家時間に勉強したいと思います。

今回のまとめ

英語脳は、英会話で英作文を作る時に、日本語で考えて英語になおすのではなく、英語のフレーズ(言い方)の塊(かたまり)として、置き換えたり、組み合わせたりして覚えていくこと、それが英語脳で考えるということでした。

ニックさんは、英語学校を設立した父と言語学者の母を持ち、ご自身も日本語を覚える時に悩んだこと、つかんだ「コツ」を簡単にシンプルに教えることができる人気のトップ英会話教師でした。

「目からウロコ」のニック式英会話はシンプルで楽しく、youtubeやアプリも用意されていて、大変おもしろく学習できる英語方でした。

何より、ニックさんの温かみのある日本語がよくわかり、理解しやすく、英語脳で考えるということをくわしく教えてくれました。

ニックさんのファンになりました。コロナ禍で増えたスキマ時間にも楽しく英語の勉強を続けて生きたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました