大谷翔平の両親は日本人?!出身や職業、子育ての秘訣などを調査

大谷翔平選手

米メジャー大リーグ・エンゼルス4年目の大谷翔平選手は,今やアスリートとしても,人柄や品格も高く評価され,年末2021流行語大賞では[リアル二刀流/ショータイム]が決まり,多くの人に愛されています。

大谷翔平選手の異次元の活躍が凄い!そして,育てあげた両親はどんな方でしょうか,日本人なのか,出身や職業,子育ての秘訣などを調査したり考察してみました。

大谷翔平選手のwikiプロフィール

大谷翔平選手のプロフィールはもうすでに知っているよという方は、飛ばして「ご両親の記事」まで進んでお読みください。

  • 国籍:日本
  • 出身地:岩手県水沢市(現:奥州市)
  • 生年月日:1994年7月5日(2021年現在・27歳)
  • 血液型:B型
  • 身長:193 cm
  • 体重:95.3 kg
  • 両親:大谷加代子、 大谷徹
  • 兄弟姉妹:兄の大谷龍太(既婚)、姉の結香(既婚)
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:投手、外野手、指名打者
  • プロ入り:2012年 ドラフト1位
  • 初出場:NPB(日本プロ野球)2013年3月29日、MLB(メジャーリーグベースボール)2018年3月29日
  • 年俸:300万ドル(2021年)=約3億4,246万5,753円
  • 経歴(カッコ内はプロチーム在籍年度)
    • 花巻東高等学校
    • 北海道日本ハムファイターズ (2013~2017)
    • ロサンゼルス・エンゼルス (2018~現在)
  • 国際大会
    • 代表チーム:日本
    • プレミア12(世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催/4年に1回):2015年

年末恒例の2021流行語大賞に、大谷翔平選手の「二刀流・ショータイム」が選ばれています。「二刀流」はわかりますが、「ショータイム」とはただの野球の試合のショータイムのことなのでしょうか?

少し調べていると、大谷翔平選手は「Shohei Ohtani」(しょうへい・おおたに)と呼ばれており、それが「Shotani」(しょうたに)となり、「Sho-time」(ショータイム)!となった模様・・・だと思われます(^o^)

以下の動画では、5:41あたりからの大谷翔平選手の活躍ぶりに「ショータイム」と叫んでいる場面が出てきます。

出典:The Barn Has Spoken2021/11/23投稿済み

Twitterでは、「wielding two swords」 (referring to his ability to hit and pitch) and 「Sho Time」- chosen as the top in 2021・・・の中で「Sho Time」(ショータイム)とツイートされています。

大谷翔平選手の異次元の活躍が凄すぎ!!

大谷翔平選手の今季の活躍は「異次元の活躍」と称賛され、2021年に獲得した賞や表彰が”11冠”になるといわれています。

今季これまでの人気と”11冠”獲得ぶりを以下に列記しましたが、驚きです(゚д゚)!

  • ①米野球専門誌『ベースボール・ダイジェスト』の「野手部門最優秀選手」
  • ②米野球専門誌『ベースボール・アメリカ』の「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)」
  • ③コミッショナー特別表彰
  • ④選手会の「年間最優秀選手」
  • ⑤選手会の「アメリカン・リーグ最優秀選手」
  • ⑥米メディア『スポーティング・ニュース』の「年間最優秀選手」
  • ⑦「シルバースラッガー賞」(アメリカン・リーグDH部門)
  • ⑧「アメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)」
  • ⑨「オールMLBチーム・ファーストチームDH部門」
  • ⑩「オールMLBチーム・セカンドチーム先発投手部門」
  • ⑪「エドガー・マルティネス賞」

⑧の「MVP」とは、(most valuable player)の略で、スポーツ、特にプロ野球で、最優秀選手に与えられる賞のこと。さらに、リーグの公式戦で、全試合、または、ある期間を通じ最も活躍し、チームに貢献した選手に与えられる賞ともいわれています。

「MVP」受賞は快挙!?

「異次元の活躍」がここにもありました。

ついに、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が「MVP」(最優秀選手賞)を受賞しました(゚д゚)!

MVPは、全米野球記者協会(BBWAA)の会員を代表する記者30人の投票によって選ばれるということで、アメリカンリーグでは「満票」で大谷選手の受賞が決まりました。

日本人の受賞は2001年のイチローさん以来、20年ぶりの快挙、ということです(゚д゚)!

大谷翔平選手の実績も何より重要で、「無理ではないか・・・」と言われていた「二刀流」としての活躍ぶりが、今季の数字となり実績に現れました(゚д゚)!

打者としては打率2割5分7厘、ホームラン46本を放ち、日本人選手としては2007年の松井秀喜さん以来となる100打点を記録しているということ(゚д゚)!

投手としては9勝し、野球の神様ベーブルースが1918年に成し遂げた2桁勝利、2桁本塁打の大記録に、あと一歩の所まで迫っているということ(゚д゚)!

出典:ANNnewsCH:2021/11/19投稿済み

アメリカ・メジャー大リーグである「ロサンゼルス・エンゼルス」に入団して4年目になる大谷翔平選手。

しかし、入団の最初から、活躍していたわけではありませんでしたね・・・たしか肩か肘を痛めて療養していたり、「二刀流」の可能性を疑われたり、あきらめかけたり、と下積みと言っていいほどの試練もあったといわれています。

何より「二刀流」は成功しないのではないか?といわれてたことが最大の問題でした。

大谷翔平選手は夢を与える存在!?

なぜ「異次元の活躍」と言われるようになったのでしょうか?

それは、やはり「二刀流」は成功するのか・・・にあったのです。

アメリカ・メジャー大リーグである「ロサンゼルス・エンゼルス」に入団して1年めは、新人王を獲得しましたが、「二刀流は不可能」と散々言われ続けたり、2~3年めには肘の手術も受け、思うような活躍ができなかったのです。

そして、4年目の大谷翔平選手は、今シーズンで結果を出せなかったら「二刀流」をあきらめる覚悟をしていた、ということです。

(以下の動画の7:45あたりから、大谷選手の成績の話をしています)

しかし、その今シーズンでなんと「MVP」をはじめ”11冠”の賞を獲得するに至ったのです(゚д゚)!

それは「アメリカ」という文化は「アメリカン・ドリーム」と言われているように、「夢を叶える、挑戦者を応援する文化」でもあったのです。

以下の動画では、「大谷翔平選手がアメリカで愛される5つの理由」というテーマで投稿されています。それの②が「夢を与えてくれる存在」だといわれています。(9:40あたりから)

出典:ホマレックChannel:2021/11/03投稿済み

「二刀流」は野球の神様と呼ばれるベーブルースをはじめ、一定数は存在していたとのこと。しかし、試合数が増えるに従って、シーズンを長く戦うので、投手、選手の専門化・分業化が起こって、「二刀流」は消えていったというわけです。

つまり、長いシーズンを戦い抜くには「二刀流」は不可能だと思われていたのです。

しかし、この時代の流れを逆行するように、アジア「日本」から、たった1人で20代の若き「二刀流・大谷翔平」が渡ってきたのです(゚д゚)!

現在では、懐疑心を抱いていた人々が、あきらめなかった大谷翔平選手の、しかもクオリティーの高い二刀流を絶賛しており、「夢を与える存在」として愛されているのです。

というわけで、長いシーズンを戦い抜く「リアル二刀流」「異次元の活躍」とも言われており、11冠表彰も獲得したのですね。

大谷翔平選手を影で支えた人たち

もちろん、チームの勝利のために多くの人たちが考え、働いています。

大谷翔平選手の信頼する一番身近な重要人物に、通訳の「水原一平」さん、そして、もうひとりの立役者、エンゼルスの「マドン監督」がいます。

やはり、お互いのちからを信頼し合った結果、タイミングもピッタリ合わせることができたのですね。

マドン監督いわく、「大谷翔平選手は、ただ野球を楽しんでいる・・・簡単に見えるが、凄いことをやっている、例えるなら歴史的に語り継がれている「ビートルズ」のようだ・・・」と。超一流の仲間入りをしていると言っています。

出典:ショータイム:2021/10/25投稿済み

そんな大谷翔平選手はどのようにして育ったのでしょうか・・・ご両親や家族のこともチェックしてみました。

大谷翔平選手の両親は日本人?!出身や職業は?

大谷翔平選手の体格や運動能力、さらに身長は、193cmと長身で、日本人にはまれにみる体格の良さに思います。ご両親やご家族全員の身長も同時にチェックしてみました。

父の名前は、大谷徹(とおる)さん。1962年生まれ、2021年現在・59歳。身長は182cmと長身。

岩手県上北市の出身で、同県の工業高校を卒業。中・高と陸上部や野球部に所属、活躍していたが、甲子園の夢は残念ながらはたせなかったということです。

高校卒業後は、地元を離れ、三菱重工・横浜野球部で社会人として野球を続けていたが、怪我のため26歳で野球部を引退。

そして、大谷翔平の母となる、同社バトミントン部の加代子さんと1986年に結婚し、長男誕生後に自動車ボディーメーカー(現トヨタ自動車東日本)に1991年に転職。

1993年、長女誕生後には、地元岩手県に転居。

1994年、大谷翔平が誕生するのです。

母の名前は、大谷加代子さん。1963年生まれ、2021年現在・58歳。身長は170cmと長身。

神奈川県横浜市の出身で、中3の時には全国大会の団体女子の部で準優勝、という高成績を残しています。

同県の高校を卒業後、大谷徹さんと同じ会社で社会人バトミントンをしている時に、知り合い結婚されたということです。

ということで、ご両親は日本人でした。

ちなみに、加代子さんのお父さん(大谷翔平のお祖父さん)は中学時代に野球をしていたそうです。

出典:ホマレックChannel:2021/06/09投稿済み

大谷翔平選手の兄弟姉妹は?

兄、大谷龍太(おおたに りゅうた)さん、1988年3月20日生まれ、2021年現在33歳。身長187cm。

高校時代では野球部に入り、甲子園の夢は叶いませんでしたが、活躍されており、卒業後も岩手県の地元企業で働きながらクラブチームで野球をしていました。

その後、四国・高知ファイティングドッグスに移籍しましたが、2年後に父の会社のトヨタ自動車東日本岩手工場の野球部の創設時に声をかけられ入部、コーチも兼任。

2018年には、第89回都市対抗野球大会に初出場されています。兄・大谷龍太さんはプロを目指していたのですが、独学で野球を練習していたそうです。

出典:qooninTV:2018/08/04投稿済み

このことを、父・徹さんは「仕事が忙しくて野球を教えてあげることができなかった」とたいへん後悔されて、大谷翔平さんが生まれた時には「自ら指導する」と決めた、といわれています。

2013年、高知ファイティング時代に兄・龍太さんは結婚されており、長男1人がいらっしゃるということです。

姉・結香さんは、1992年生まれ、2021年現在・29歳。身長は168cmと女子にしては長身。

高校時代はバレーボールで活躍後、岩手看護大学を卒業し神奈川県横浜市の病院で看護師として勤務。

姉の結香さんの夫は、大谷翔平さんの母校である花巻東高校の野球部部長を努めている「流石祐之」(さすが ひろゆき)さん、という方です。

2021年1月に東京都内のホテルで、2人の結婚式が行われたそうで、結婚披露宴には日本ハムから栗山監督や厚沢ベンチコーチらが出席したとのこと。

2人の馴れ初めについてはわかっていないとされています、大谷家と花巻東高校の関係者、並びに流石家は家族ぐるみのお付き合いをされているのかもしれません。

子育ての秘訣とは?!

大谷翔平さんのご両親の子育ての秘訣とは、どのようなものなのか、動画などからチェックしてみました。

父・大谷徹さん曰く、「大谷翔平が野球を始めて以来、大谷家からは休日は消え、家族旅行もしたことはないが、一家は同じ時間を共有した・・・」

「夕食は全員で食卓を囲み、話題は野球のこと、野球で家族は1つとなり、強固な絆となった・・・そして、3人の兄弟姉妹の反抗期は経験しなかった」・・・とご両親は口を揃えていわれています。

母・加代子さん曰く「夫も私も子どもの人生の選択には口を挟みません、もちろん相談されれば意見を言うつもりでしたが、子どもたちは3人とも自分で道を決めています。」と。

そして「翔平は高校まで日本1になったことはなかった。悔しさを知っているからこそ、今も懸命に努力しているのだと思います。結果より、チームの皆さんと一緒に楽しそうに戯れている姿を見れるのが嬉しい」と。

父・徹さん曰く「メジャー行きを宣言したのも、日本ハムを選択したのも息子の意思です。自分が納得する方向に進むのが1番だと思っています」

「我が家には子育てのルールはなかったものの、心の底にあるスポーツマンシップが、子どもたちに日々接しさがら、言葉や態度で無意識に示してきたに違いない」

「上から押さえつけるようなスパルタではなく、本人の意思を尊重し、チームメイトと野球を楽しみ、のびのびと野球をできる環境を作った」

「そしてそれは、前を向き続ける大谷翔平選手の心の奥深くに根ざしているものだ」と言われています。

「翔平をプロ野球選手にしようと思ったことはなく、生活の中に野球がある人生を送っていってほしいと思っていた」とも言われています。

ご両親は、ただ献身的に子育てを続けて来られたのですね。

大谷翔平選手の高校生時代

大谷翔平選手が最も影響を受けた人物は誰かという質問に、ご自身では、「花巻東高校の佐々木監督」と明言しているということです。

もちろん、ご両親の見解もあったことでしょうが、花巻東高校に入学を決めたのは本人の意思だといわれています。

花巻東高校の野球部、佐々木監督は「人材育成」をテーマに指導を行い、野球をやめた後も社会に出て活躍できる人材を育て、「人間形成こそが真の教育」だと考えている方。

そして、何よりも大谷選手の「二刀流をあきらめなかった」要因に、佐々木監督の「先入観は可能を不可能にする」という指導があったといわれています。

「無理だ、通用しない」など、これまでの常識にとらわれることなく、自分の理想を追い求めて努力し続けるという佐々木監督の考えも、大谷選手の頭に染み込んでいるに違いありません。

その佐々木監督は、大谷翔平選手のプレーを見て驚き、やはり将来への可能性を見出したのです。そして、身体の成長期ということもあり、あわてることはしないで、ゆっくりと身体の成長、ピッチャーの成長、人間的な成長をプランしたということです。

身体の細かった高校時代の大谷翔平選手は、何よりも、大谷翔平選手自身が、きつい練習も愚痴を言わず、自らに納得させ、前向きに取り組んでいたということです。

『160km/hを出すまでの軌跡』【大谷翔平を育てたカリスマ(前編)】 花巻東高校・佐々木監督

出典:ホマレックChannel:2021/09/01投稿済み

大谷翔平選手の高校生時代は、苦労と挫折、くやしさしかなかった・・・と語られています。

どういうことでしょうか・・・大谷翔平選手の高校生時代の後編の動画で見ていきましょう。

『高校時代の苦労と挫折』【大谷翔平を育てたカリスマ(後編)】 花巻東高校・佐々木洋監督

出典:ホマレックChannel:2021/09/08投稿済み

甲子園で優勝という、日本1になることを目指していた大谷翔平選手の高校生時代は、怪我や練習で明け暮れ、誰よりも悔しい思いでしかなかった。

日本1の夢は叶わなかったけれども、目標に向かってただひたすら練習するという生き方を身に着けた、逆境をなんとも思わない力を身に着けた、だから世界1を目標にすることができたといえるのですね。

佐々木監督は、大谷翔平選手のことを、「ただ自ら挑戦することだけを考えている野球少年だ」と語っています。

礼儀

大谷翔平の礼儀 〜大谷選手がメジャーでみんなから愛される理由〜

出典:ホマレックChannel:2021/11/19投稿済み

品格

大谷翔平の『品格』〜アメリカ人の心を鷲掴みにできた理由〜【謙虚さ、優しさ、思いやり】

出典:ホマレックChannel:2021/10/13投稿済み

大谷選手のお金に対する姿勢と海外の反応

出典:ショータイム:2021/09/19投稿済み

人間、大谷翔平

出典:Baseball Cosmopolitan:2021/07/29投稿済み

今回のまとめ

常識にとらわれず、不可能と言われていたことを可能にした、カリスマと言える野球界のレジェンドとなった大谷翔平選手は、ただひたすら自らを挑戦させ向上させよう、楽しもうとする野球少年だったのです。

大谷翔平選手の両親や家族は、日本人で、スポーツマンで、子ども思いで、どこにでもある平凡なご家庭だと思いましたし、ご両親も子どもの意思を尊重して生活してきた、と語られています。

人生の途中にある人生には、人と人の出会いや、交わす言葉、態度、選択、環境なども影響するのでしょうか、でもわたしたちは1歩ずつ進んでいくことしかできません。あるいは逆境に遭遇することも、避けられません。

ただ楽しんで挑戦しようとすることが大切なのかもしれません。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました